ブログ

周りの人の力を借りること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうしようもない壁にぶつかったとき、自分の無力さを痛感します。

自分ひとりでは、どうしようもなくなった時、そんな時こそ、周りの人の助けのありがたさがわかります。

自分ひとりでは、もうだめだと思っていたことも、周りの人の力を借りればこんなに簡単に解決できるのだということを、

最近実感しました。

人が生きるうえで、1番大切な力って、もしかすると、「人から助けてもらう力」じゃないかなって思います。

自分の仲間を増やしていける人。それは、つまり、その仲間の分だけ、力があるということですもんね。

自分一人の力なんて、ほんとにささいなもの。

だからこそ、大きなものをつかむためには、たくさんの手が必要なんでしょうね。

自分もこれから、多くの人の助けを借りることになると思いますが、そんな時は、この記事を見てくださったみなさん、どうか力を貸してください。

30歳になった豊富でした^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

関連記事

コメント

  1. 「本当は無視したくないんだけど、しゃべったら自分も無視されるからしゃべれない」と娘は言います。親としては「叩いたりしなくても、無視だって十分いじめなんだよ。いけないことだよ」と言いたいのですが、娘の気持ちもわかる部分があって、どうしたらいいかわかりません…

    • 匿名 様

      コメントありがとうございます^^

      ゆくりはねっとの松葉です。

      娘さんのお気持ちよくわかります。本当は自分の心はそれが正しくないとわかっているのだけれど、「自分も批判されるかも」という「怖れ」から、周りの子達と同じような行動をしてしまうんですよね。

      まずは、娘さんが、無視をするということがダメだとうこと、間違っているということに気がついていることを褒めてあげてくださいね^^

      それだけでも、すごいことなんですよ^^

      もしも、どうしたらよいか迷っているのなら、迷わず弱っている子を助けてあげてください。迷わずGOです^^

      おっしゃるとおり、無視というのは、それをすること自体がやはり十分いじめにつながっています。

      マザーテレサが言うように、愛の反対は無関心です。

      だからこそ、1回でも、一人でも愛情を持って話しかけてくれる人がいたなら、救われる人もいます。

      自分の心に正直にあってほしいなと私は感じます。きっと娘さんはそういう感性と力をお持ちだと思いますから。

      いじめをする子に、実は幸せな子はいません。

      そして、誰からの批判も受け取る必要はありません。もし、誰かから言われた批判に対して、何か感じることがあったなら、それは「批判されるべき」と自分自身が思い込んでいて、自分自身を批判しているからです。

      弱い子に優しくすることは、間違っていることでしょうか?

      助けなかったことを後悔するくらいなら、助けて後悔した方が私の場合はマシです^^

      「本当は無視したくないんだけど」
      娘さんのこの言葉がすべてだと思います。

      それができる強さを持って欲しいなと思います。

      与えるものが受け取るものです^^

      長々と勝手な意見をいってすみません。

      娘さんを愛してらっしゃるからこそ、迷いますよね。

      アドバイスになっているかどうかは分かりませんが、
      とても応戦したい気持ちです。

      コメントありがとうございました。

      ゆくりはねっと

      松葉

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

出版社の方へ         【執筆・原稿のご依頼はこちらまで】

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりご連絡ください。
このカウンセラーというお仕事を通して、これまで約2,000名の方の心のお悩みをお聴きしてきました。カウンセリングの中でお伝えさせていただいてきた「心が楽になる考え方」を、より多くの方にお役に立てるよう、現在、「人間関係の悩みを解決する方法」、「トラウマの消し方」、「人生をもっと楽に生きられる考え方」「苦しみが生まれる仕組みと苦しみの取り除き方」などをテーマに商業出版を考えております。ご賛同いただける出版社様からの執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えております。もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします。詳細は、下記のリンクから御覧ください。
→原稿のご依頼はこちら

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間、教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で、2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

人間関係の心の悩みや、トラウマの治療も専門としている。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を育む寺子屋」を創ること(現在、準備中♪)
プロフィールの詳細は→こちら

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法

さまざまな悩みの解決法

こちらでは、ネガティブな気持ちを前向きにする方法や、幸せに生きるコツなど、さまざまな悩みに対しての解決のヒントをお伝えしています♪無料で読めますのでお気軽にご覧ください。カウンセリング以外でも、少しでも何かお役にたてればと思います^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法は→こちら

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

人生の仕組み

人生の仕組み

「何のために私達は生まれてきたのか」「死とは何か」「命の重さ」深い話好きな人はこちらから

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 343現在の記事:
  • 629691総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 601昨日の閲覧数:
  • 397891総訪問者数:
  • 30今日の訪問者数:
  • 398昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る