ブログ

人とのコミュニケーションが苦手と感じる時の解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
a1640_000252

ゆくりはねっとでは、人間関係のお悩みを専門にしていますので、「人とのコミュニケーション」が苦手というお悩みもよくお受けします。

かくいう私自身も、人とのコミュニケーションは得意なほうではありませんでした^^;

人とコミュニケーションがとれない時、それは本当につらいと思います。なぜなら「孤独」ということが人にとって1番つらいことではないかと感じるからです。

「それでも人とつながりたい」という気持ちがあるからこそ、多くの人が悩み、相談をしてくださるのだと思います^^

コミュニケーションのアドバイスとしては、以前にも、

嫌いな人・苦手な人が現れたときの考え方

誰かを「うらやましい」と思ったときの考え方

などでも、紹介していますので、そちらも参考にしていただければと思いますが、以前のお話をあえて例えるなら「守り」の考え方です。

そういう状況になった時、自分の心持ちをどう持っておくかのお話でした。

そして、今日、ご紹介するお話は、「攻め」の考え方です^^  人とコミュニケーションが苦手、うまくとれないという時に、少し参考にしていただけたらと思います。

コミュニケーションの「攻め」の考えかたとは、ずばり、いきなり結論から申しますと「相手の望んでいることを知る」ということです。その1点を探し出すことです。

そのために、できることは、2つあります。

それは、

その人をよく「観察」すること。

その人の話を「聴く」

ということです。

そして、③「その人の望んでいること、解決したい問題はなんだろう」と考えてみることです。

コミュニケーションがとれない時というのは、自分に自信がなくなっている時が多いと思います。そんな時は、人の中にいるのも嫌だと思いますが、そこから、離れて1人でいれば、解決することはなかなかできません。

しかし、たとえ、人と会話をしなくても、できること。それが、「観察」することです。じっくり見ていると少しずつわかってくるはずです。その人の行動から、その人が何を求めているのか、その人が解決したいと思っていることは何なのか。

それが、わかってしまえば、もうこっちのものです^^

あとは、④それを解決するために、自分が行動する。

この視点がすごく大事です。

具体的に書きましたが、この行動は、「人のために動き」→「助けてもらった方は感謝する」というとてもシンプルなことなのです。しかし、このシンプルなことが非常に、人が生きるうえで重要なことなのです。

相手のことを、常に考えて動いている人は、無意識にこのことを実践していますが、人と関わることが苦手という時は、特にこのことを意識してみることをお勧めします^^

「その人の望んでいること、解決したい問題」を発見するのには、「観察」することも大事ですが、1番発見しやすいのは、その人の話を「聴く」ということです。

自分から、話をすることが苦手であれば、誰かが話をしてきたら、まず「聴く」ことに集中してみてください。自分の話を聴いてくれる人を嫌う人はまずいないでしょう。「何かおもしろい話をしなければ」と思うよりも、相手の話してきたことに関して「ウケのよさ」「反応のよさ」を意識した方がよいと思います。

相手の反応が良ければ、自然と話す方も話がしたくなります。その話の中に「その人の望んでいること、今解決したい問題」というものがきっと隠れています。

それをサポートする。

これを繰り返していると、どういうことが起こるか。それは、自分の応援団が増えるということが起こります。

コミュニケーションが苦手なときこそ、「人のためを考えて行動する」視点をもつこと。

人と関わっていくうえで、大事な視点だと思いますので、ぜひぜひ実践してみてください^^

以上、人とのコミュニケーションが苦手と感じるときの解決法でした。

※このサイトでは、人間関係のお悩みの電話でのご相談も承っています。

☆ゆくりは ねっと は、心が弱っているとき、落ち込んでいるとき、「話す」ことを通して、今悩んでる問題が解決したり、いつもの元気を自分に戻せる、そんなサービスです。

心のホットライン ゆくりは ねっと←ゆくりは ねっと のTOPページです^^

ご相談、ご質問などがありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせくださいね^^

あなたの人生のお話、聴かせてください^^

今日も読んでいただいてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を学べる寺子屋」を創ること。
プロフィールの詳細は→こちら

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりお送りください。
この「悩み電話相談・カウンセリング」や「才能アドバイザー」というお仕事を通して、お伝えさせていただいてきた多くの知恵を、一人でも多くの方にお役に当てるように現在執筆活動も行なっています。ご賛同いただける方からの取材・執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えていますので、もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします^^ ご連絡は、こちらへ

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 1725現在の記事:
  • 308840総閲覧数:
  • 89今日の閲覧数:
  • 771昨日の閲覧数:
  • 196112総訪問者数:
  • 58今日の訪問者数:
  • 424昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る