ブログ

肝試し(きもだめし)をする愚かさ 肝試しはいじめと同じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2016-03-27_22h45_13

こんにちは。ゆくりはねっとの松葉です。

今日は、かなりマニアックな情報になりますが、
なぜか、この記事は書かなければいけない気がしたので書きますね。

お題は、はい、タイトルにもある通り「肝試し」です^^:

 

やったことある人も多いのではないでしょうか?

 

これから、夏の時期になると、この手の話は必ず出てきますね。
学校などの、キャンプや合宿などの行事の一環として未だに多いですよね。

 

霊については、信じる人も信じない人もいると思いますので、
この際、どちらかというのはおいて置いて、
こういう意見もあるよという風に読んでもらえたらなと思います^^;

この記事では、いるのは大前提で書いておりますので、ご了承ください^^;

 

ただ、別に怖い記事ではなく、私個人としましては、いたって物理的なお話でもあります。

 

この記事内では、どういう状態になると一般的にいわれる霊(地縛霊)
になってしまうかということにも触れていきますので何か少しでも参考にしていただけたらと思います。(これを知っておくことは本当に大事なことだと思うので)

 

さて、本題の肝試しについてですが、

 

よく、楽しみ半分で、肝試しに行く人がいますが、
肝試しはお遊びで行くのは危険すぎるといわれますよね。

最近ではyoutuberの人達が興味本位で心霊スポットや廃墟に行く動画を、
YOUTUBEにアップしていますが、正直言って愚の骨頂です。

あれは実はものすごく危険な行為なのです。

 

本当に危険な行為ですし、
もっというなら、相手の立場になって考える視点が必要だと思うのです。

 

私達の人間関係やコミュニケーションと同じだということです。

 

1つずつ説明しますね。

 

人は死ねば肉体から離れ、意識となります。そして、
その意識は大きな意識と融合して、また一部が輪廻転生を繰り返します。

大きな意識の中では、今自覚している自分もその一部であるという感覚は残ります。
この辺りは例えがすごく難しいのですが、もっと大きな意識にはなるけれど、
今自分だと思っている自分にもアクセスできるという感覚なのだと思います。

 

このお話もかなり深いので、詳しく解説したいのですが、
今日の話したいことは脱線しますので、この話はまたどこかで^^;

 

要は、輪廻転生を繰り返すのが自然のあり方なのに対して、

霊になって、この世界に留まるということは、

かなりワケありのケースといえるのです。
(現実にはこの3次元世界に留まっているわけではないですが・・)

 

例えば、一般的に世間で言われている幽霊というものを表す場合、
大きく分けて2パターンに分けられます。

それは、

 

①自分が死んだと気づいていなくて囚われている状態か、

②死んでも自分の想いの生み出す世界に囚われている状態

のどちらかです。

 

まず、①の自分が死んだと思っていないケースですが、このケースは意外と多いようです。
つまり、死ねば「無」になると思っている人に多いケースです。

 

死んだ後も、私達の「意識」というものは実は残ります。
しかし、死ねば「無」になると思っている人は、死んだ後に自分に意識が残っているので、
自分が死んだと理解できないのですね。

 

ですので、霊になっても普通に通勤している人もいますし、
仕事をやっている人もいます。

 

そして、もう1つのパターン。未練や後悔、余程の強い思いを残している場合は、②ということになります。

これは、見方を変えれば、自分の狭い考えや、怖れの中で、堂々巡りをしている状態です。

生きている私達だって、悩んでたり、迷ってたり、怒っていたり、こういう状態になっている時はありますよね^^:

 

幽霊がいつも同じ場所に出るのも、「そこから出られない」からです。
自分の想念の世界に囚われている状態だということです。
実は、こういう霊はたくさんいます。

人の「想念」の数だけ、そのような「世界」が作られています。

 

私自身、霊をはっきり見たことがあるのはそれほど多くはありませんが、
以前、ホテルに宿泊していた時に、
朝方、真っ黒のオーラの女性の霊を見たことがありました。

暗くて、そして悲しい波動をしていました。

その霊の感情が伝わってくるんですよね。

 

それは、怖いというよりも、どちらかというと、悲しい気持ちになったのを覚えています。
「ああ、つらいだろうな」って。

悩み相談してる時と同じですね(・・;)

 

ダイレクトにその人の、今の苦しさとか気持ちをキャッチしちゃうんですよね。
(これをエンパシー能力といいます)

人の感情をキャッチしやすいことについては感謝していますが、
非常に辛いこともたくさんあります。

 

その人の思いを追体験するわけですから、
辛いこともたくさんあります。
そして、霊も人間なんですから、生きてる私達と基本的には同じ感情です。
ただ、霊の世界というのは、この現実世界とは少し違い、
想念の世界で生きているようなもの。

これは私達が夢を見ている時の世界に近いです。

夢の中にいるときは、それが夢って気づきにくいですよね。
まるで現実のように夢の中では感じているはずです。
そういう想念の世界に生きているのです。

 

別の言い方をするならば、
自分の思いの中に囚われている世界とも言えます。

 

これは「意識の世界」のお話です。
普段の私達の世界とは周波数が違うので見えなくて当たり前です。

他人の夢のなかは覗けないですよね^^
でも、その人は夢のなかではリアルに体験しています。
それと同じです^^

 

で、幽霊になってる場合って、すべてのケースではないけど、
一般的に言う肝試しで言われる場所にいる霊って、
苦しかったり、辛い場合が多いんです。

 

とても、悩んでいたり苦しくてどうにかしたい状態。
(もちろん、人間を怖がらせて喜ぶしか生き甲斐のない所まで落ち込んでる霊もいますので、すべての霊がそうではないのですが^^;)

 

ここで、考えないといけないのは、もし現実世界で苦しんでいる人がいた時に、

あなたは、からかい半分でそこへ行って楽しむでしょうか?ってことです。

 

普通に悩んでたり、怒ってたり、苦しんでいる人がいて、
そこへ、相手の気持も考えずに、お遊び感覚で行くというのは、
「いじめ」に近いなと私は思ってしまいます。

 

普通の感覚であれば、ありえないと思うのです。

 

そんな苦しい人がいた時に、おもしろ半分で行くというのは
普通に現実だったら、しないですよね。

 

眼に見えないから、普段ここまで考えることはなかなか難しいとは思うのですが、
出来る限り、本当はここで相手のことを考える視点が欲しいなと私は思います。

 

だから、そういう理由で肝試しはするべきではないということなのです。
常識的に考えて心ない行動じゃないですか。

 

いつも言っていますが、自分が与えるものが受け取るものなのです。

 

あと、これは物理的な話になりますが、

 

波動の原理がこの世界には働いています。
つまり、

 

自分の波動の状態が低いと、低い波動の霊と同調しちゃうって場合がありますよね。

どんな人でも波動というのは、常に一定というよりは、
波のようなもので、高い時もあれば、低い時もあります。
hadounokoutei2

同じような波動(霊と同じ想念)でいると、霊というものは簡単に同調することができます。(これがいわゆる憑依というやつです)
hadounokoutei3

例えば、同じように人を恨んでたり、人を妬んでいたりする人は憑依されやすいです。
全く同じエネルギーを出しているわけですからね。
憑依されるだけの問題をその人自身が持っているから憑依されるというわけです。

だから、自分が落ち込んでいる時なんかも、ほんと行っちゃダメですよね。

同じような低い霊を引き寄せちゃいますから。

しかし、これも覚えておいてください。
逆に自分が、高い波長でいれば基本的には、取り憑かれることはありません(絶対ではありません)

低い霊にとってはそういう高い波動は居心地が悪いのです。

これは、波動の法則です。低いものが高いものに勝つことはないのです。

ですから、ある意味、霊にとり憑かれるのは自己責任の部分があります。
自分が落ち込んでいたり、そういう低い状態でいることで同調されてしまうわけですから。

もし、憑かれても、自分が考え方を変えれば、自然と霊も離れていきます。

「想いを変える」ことが大切です。

 

だから、必要以上に恐れる必要はありませんが、
ただし注意しなければいけないのが、自分の波動が高くても悪意のある霊の場合は憑依が起こります。
この場合は、段階がありますが、重い段階ですと、霊の声が心の中で聴こえてきたり、
もっと重くなれば、霊に性格(人格)を乗っ取られてしまいます。
この場合は顔つきも変わりますので、明らかに異常な状態になっていることが、
他人からも分かる状態ともいえます。

こういった場合、大抵は精神科に助けを求める方が多いですが、
精神的な異常行動や、社会的な犯罪行動なども、
実はこういった憑依が原因となっていることが実は多いです。

憑依から来ている精神的な異常か、別の要因からくる精神的異常かは、
きちんと霊が見える人でないと一般の人には区別がつきません。

悪意のある霊に憑依されてる場合は、
自力で浄霊することは難しいので、
専門的な除霊師さんにとってもらうしか方法はありません。

ですので、安易にこういった心霊スポットに行くことは
命にかかわるリスクがあることも知っておいて下さい。

もし、そういう場所に行くのなら、
ちゃんと、その霊を導いてあげたり、
リトリーバル(亡くなった霊を救済すること)ができる人でしょう。

こういった力がないのに、興味本位で行くのは、
例えるなら、
裸で、極寒の地にいくようなものです。

そんな状態で行ったらどうなるかは分かりますよね?
なので、興味本位で行くのは、やめましょう。

私達生きている人間もまた、肉体を持った「霊」=「魂」=「意識」であるということを心に留めていただきたいと思います。

かなり個人的な思いで話してしまいましたが、
そういう理由で私は肝試しをお勧めしていません。

友達から誘われても、勇気を持って断ってほしいなと思います。

少し長くなりましたが、
少しでも、この記事で伝えれると良いなと思って今回記事にしました。

 

ついでにお伝えしておくと、
パワースポットに行くと運気が上がると思って行かれる方も多いですが、
これも一般的な感覚とズレがありますので、良い機会なので補足しておきますね!

 

2016-03-27_22h45_13

 

基本的にパワースポットにいけば自分の周波数が変わるので、
それによって良い効果を得られることは多いのですが、

注意しなければいけないのは、

パワースポットというものは、自分の持っているもの(想念も含めて)が増大される

 

という特徴があります。

 

これは、ポジティブな想念を持っていれば、ポジティブに機能しますし、
ネガティブな思いや観念をもって行けば、それが増大する可能性もあります。

 

このことを覚えておかないと、
パワースポットに行って返って調子が悪くなっちゃうということも現実にあるんですね。(そういう人いませんか?^^;)

 

2016-03-27_22h44_17

 

だから、行くときは自分の心の状態というのも、ぜひチェックしてみてくださいね^^
良い気分や、すっきりした気分の時に行くことをお勧めしますよ^^

それから、お祈りするときのポイントとしては、自分事をお願いするのではなく、
日頃の感謝を伝えたり、人様のためにお祈りすることが大事です。

我欲ばかりのお願い事は基本的に叶いません。また、人の思い。これこそが「想念」というエネルギーですから。我欲ばかりお願い事をする人が、その場所で増えれば、
もともとよい波動のパワースポットも、それらの想念の影響を受けてしまうことになりますので、そのことも覚えておいてくださいね。

 

今回はちょっと目に見えない世界の話で、
ちょっとついていけない方もいるかもしれませんが大事なことだと思ったので書きました^^;

 

少しでも何か参考にしていただけたら幸いです^^

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

 

心のホットライン ゆくりはねっと

yukuriha.smol

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

出版社の方へ         【執筆・原稿のご依頼はこちらまで】

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりご連絡ください。
このカウンセラーというお仕事を通して、これまで約2,000名の方の心のお悩みをお聴きしてきました。カウンセリングの中でお伝えさせていただいてきた「心が楽になる考え方」を、より多くの方にお役に立てるよう、現在、「人間関係の悩みを解決する方法」、「トラウマの消し方」、「人生をもっと楽に生きられる考え方」「苦しみが生まれる仕組みと苦しみの取り除き方」などをテーマに商業出版を考えております。ご賛同いただける出版社様からの執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えております。もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします。詳細は、下記のリンクから御覧ください。
→原稿のご依頼はこちら

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間、教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で、2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

人間関係の心の悩みや、トラウマの治療も専門としている。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を育む寺子屋」を創ること(現在、準備中♪)
プロフィールの詳細は→こちら

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法

さまざまな悩みの解決法

こちらでは、ネガティブな気持ちを前向きにする方法や、幸せに生きるコツなど、さまざまな悩みに対しての解決のヒントをお伝えしています♪無料で読めますのでお気軽にご覧ください。カウンセリング以外でも、少しでも何かお役にたてればと思います^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法は→こちら

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

人生の仕組み

人生の仕組み

「何のために私達は生まれてきたのか」「死とは何か」「命の重さ」深い話好きな人はこちらから

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 345現在の記事:
  • 668974総閲覧数:
  • 511今日の閲覧数:
  • 708昨日の閲覧数:
  • 423434総訪問者数:
  • 317今日の訪問者数:
  • 443昨日の訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る