仕事に悩んでいるときの 大事な視点

仕事で行きづまっている方。今日のテーマはそんな方に1度考えてほしいことです。

はたらきたい。
はたらきたい。 ほぼ日刊イトイ新聞 by G-Tools東京糸井重里事務所 2008-03-18
売り上げランキング : 99403Amazonで詳しく見る

 

この本の制作に関わっている糸井重里という人は、スタジオジブリのキャッチコピーを担当している事でも有名な通り、コピーライターとして有名ですが、この本の冒頭に書いてあった文。数ある彼の文章の中で、この文が1番印象に残っています。少し紹介しますね。

冒頭でこんな文がでてきます。

「僕はなぜだかわからないけれど、「あいつを呼ぼうぜ」と言われる人がいいと思っている。結果はわからないけれど、自分の子どもにも、そんなふうに育ってほしいと願ってきたし、知り合いの若い人達にも、そう言ってきている。」 糸井重里

理由はわからないけれど、なぜだか、この文に共感してしまいます。

勉強なんてできなくても、立派な仕事に就かなくても、「人から呼んでもらえる人、人から必要とされる人」きっとそういう人は幸せな人だから。生きていくうえで、何より大切なことなのかもしれません。

自分にもいつか子どもができたなら、そういう風に育ってほしいなと思います。

この本のテーマは、ずばり、「あなたの、大切にしているものは、何ですか?」ということ。就職論なので、就職で悩む学生さんはもちろん、働いているけど、現在の仕事について悩んでいるという人にこそ読んでもらいたい本でもあります。

もしも、自分が希望の所に就職できなかった、採用を落とされてしまったとしても、「自分が大切にしているものは何か」それが分かっていれば、そこさえブレなければ、きっとその人の人生は、大丈夫だと思います。

仕事を考えるということは、「まずは、人生をどうしたいかということを考える」事でもあるのです。

極端なことを言ってしまえば、仕事というのは、自分の人生で大切にしたいこと、叶えたいことを実現するための1つの手段にすぎないのです。もちろん、食べていくために、そんなこと言っていられないという人もいることと思います。

しかし、それでも、この視点は、人が生きていくうえで、とても大事な視点なのです。

あなたは、生きていく中で何を大切にしていますか?

今日も読んでいただいてありがとうございました。