大好きな祖母が亡くなりました、その時の不思議な体験と人生で1番大切なこと(大切な人との死別の乗り越え方)

2019年1月10日、大好きだった祖母が旅立ちました。

今日は、そこでのお話と、そこで起きた少し不思議なお話を書こうと思います。

半年経って、ようやく自分の中で整理できてきたというのと、
この半年、本当にバタバタでじっくり書く時間がなく、ずいぶん時間が経ってしまいました。

少し長くなりますが、どうか最後まで読んでいただけたら幸いです。

祖母について

共働きで、忙しかった両親に変わって、
ずっと子どもの頃から、僕と、僕と5歳年上の姉を育ててくれていたのが祖母でした。

  

いつでも、とても優しい祖母のことが大好きで、
僕も姉も、大のおばあちゃん子でした。

 

足が弱かった祖母ですが、僕がまだ一人暮らししている頃や、
社会人になって離れて暮らしている時も、

実家に帰った時は、
どれだけ足が痛くても、「よっこらせ、よっこらせ」と言って窓のところまで必ず出てきて、
当時アパートへ帰る時や、出かける時はいつでも、ずっと笑顔で見送ってくれていました。

 

その時の祖母の笑顔がずっと残っています。

 

怖がりでダメダメな自分で自信がなくなっている時も、
祖母はどんな自分も受け入れてくれていました。

 

手を握ると、「冷たい手しとるな〜おばあさんの手あったかいやろ」と言って優しく握ってくれていたのを思い出します。

もうかれこれ10数年、毎日寝る前に、
「おばあさんの体の弱っている部分を治療してください、もう少しだけおばあさんと、一緒にいさせてください、まだあちらの世界にいかないようにしてください」ってお祈りしていました。

自分にとって祖母はかけがえのない存在で、祖母と一緒に居られるのが幸せでありつつも、
いつかくる別れの時が自分にとっては非常に恐怖でもありました。

容態の悪化

祖母はもう99歳の歳だったのですが、ここ3年ほどは足も状態も歩く家の中で過ごしていました。ただ食欲もあり、12月まではずっと元気な状態でした。

2018年12月に僕がインフルエンザにかかってしまい、体調が悪化し、
祖母にだけはうつしてはいけないと隔離生活を取っていたのですが、

祖母と関わりが持てなくなった、2日後くらいに、それに平行するように、祖母の方の体調も悪化していきました。

 

インフルエンザのような高熱は出ないものの、食欲がなくなり、体のしんどさを訴えるようになってきました。

それでも、12月の末までは、まだ安心はしていました。

様子が悪化したのは、1月3日以降で、食べたものを吐いてしまったり、
黒い便が出るようになったり、黒い海苔のようなものを嘔吐するようになったと父から聞きました。

僕は、まだインフルの症状が長引いており、祖母にうつすわけにはいかないので、
隔離生活を継続していたのですが最初は、正月の黒豆や、黒にんにくを食べていたのでそれかと思っていたのですが、
翌日に、もう1度嘔吐することがあり、それを見た瞬間、「胃潰瘍だ」と直観しました。

熱を下げるために、座薬を使用していたのですが、座薬の副作用で、
胃潰瘍ができてしまったのです。

1/5頃、在宅のお医者様に来ていただき、
血液検査して頂いたり、携帯用トイレ置いたり、家の中もずいぶん慌ただしくなりました。

お年寄りはインフルエンザにかかっても、免疫力が弱いため、高熱にはならないと聞きます。
自分のせいだという罪悪感もずっと残っていました。

家族で交代で、祖母の部屋の隣で寝る日が続きました。

祖母との別れ

1/10、その日は自宅の隣の家で、僕はフリースクールをしていたのですが、
午前11頃、母から、祖母の状態が悪いからすぐに来てと連絡がありました。

前日は、僕が祖母の部屋の隣で寝ていたのですが、その時はいつもよりは息も苦しそうではなく、
以前より安らかに寝ていたのでこのまま回復していくとどこか安心している自分がいました。

この日はフリースクールに1人生徒が来てくれていたのですが、
一緒に来てもらって祖母のもとにかけつけました。

祖母のところに行くと、目が上向きになっていて意識が朦朧としている状態で、明らかに前日より容態が悪化しており、もう祖母との時間がわずかしか残されていなことを無意識に悟りました。「謙きたよ」と僕が言うと、もう声も出ない状態でしたが、「けん」と一言、声を振り絞って言ってくれました。

家族には部屋を出てもらい、少しだけ祖母と2人の時間をもらいました。いろいろ思い出話を話しました。

家族も全員そろう中、家で夕方祖母は息を引き取りました。

僕と姉だけは、祖母の死がすぐに受け入れられず、聴診器を親戚の方から借りて持ってきてもらって、
なんども確認しました。

 

告別式の方は、とてもよい最期のお別れができました。号泣してしまいましたが、これまでの色んな祖母の思い出を思い出しながら、

周りの人にも恵まれて(母が銀行員時代、立ち上げのお世話をした葬儀場だった)かなり特別な待遇で執り行ってもらえました。
母が当時仕事を頑張れていたのも、祖母が代わりの子育てしてくれてたおかげだったので、やはり祖母の人柄で最後の最後に返ってきたんだねと話ししていました。
お葬式の後、祖母の思い出話に花が咲きました。久しぶりに、父、母、姉と揃って家族で話もできました。

祖母の死と不思議な体験

僕自身の体験

あと、今回、祖母の死で不思議な体験をしたのですが、
松葉家の家紋のマークが葬儀で必要で、あいまいだったので、
お墓に見に行くことになり、僕1人で祖母の死の翌日の朝、お墓に見に行ったのですが、
お墓に入った瞬間、酔ったような、絵の具のような歪んだように視界がなって、
緑色の光があったのですが、よく見るとうちのお墓の上にその光があるんですよね。
(疲れていたし、太陽の光だったかもしれませんが、太陽と逆の西側からの光でした)
何かはわからなかったのですが、もし祖母が間違えてお墓にきているといけないので、
いちおう、死んだらお墓に行くんじゃなくて、上の世界に行ってねと伝えておきました。

あと、ご先祖さんに今まで祖母を見守ってくれてたことへの感謝と、
これからそちらの世界で祖母のことをよろしくお願いしますとお伝えました。

ずっとご先祖様にも、もう少しだけおばあさんとこっちの世界で一緒にいさせてくださいって毎日寝る前にお願いしていました。

ずっと長い間約束を守ってくれていたんですよね。

本当に感謝です。

姉の体験

あと、姉が不思議な体験をしまして、姉は昨年、結婚して家族とは離れて暮らしているのですが、
祖母が亡くなる2日前の夜、
容態は悪化していたものの、その時間帯、祖母は苦しみつつも眠っていたので、
僕が姉にLINEで、今はぐっすり寝てるから安心して」とLINEしたので、
少し安心していたらしいんですが、
その少しあとくらいの時間に、アパートの戸が急に開き、
スーと風が入ってきてなんとなく祖母のような気がしたそうです。
時間を見たら23:23で、ふとエンジェルナンバーの意味を調べてみようと思ったらしく、
見ると意味が大きな転換期が訪れようとしています」だったので祖母の身に何かあるんじゃないかと心配になったそうです。
そして、その日の姉の夢に、すでに亡くなっている祖母の弟と、その妻の義理の妹(生前、祖母と仲が良かった)ご夫妻が、
夢の中の家に祖母を訪ねてきたらしく、「ネエさん(祖母のこと)いる?」みたいな、生前、祖母が元気な時はよくうちに遊びに来ていたのですが、その時と同じ雰囲気で気軽に遊びに来た感じで。
姉は、夢の中で、亡くなっている人たちだということに気づき、
奥にいる祖母に今、会わせたらいけないと思い、
「ごめんなさい、今いないんです」と言って帰ってもらったということです。
夢から覚めて、普段あまり意識していない人たちが夢に出てきたことで、心配になって、次の日姉は家に戻ってきました。

そこで、祖母と話をすることができました。

その日、姉は帰ったのですが、翌日、母から祖母の容態が悪化したと泣きながら電話がかかってきたので、急いで実家に駆けつけて、悔いなく思いを伝えることも伝えれて、なんとか祖母の最後を看取ることができました。
家族全員が揃った中で看取れたというのは、本当に良かったですし、やはり祖母が姉の元に、
その時行っていたんじゃないかなと感じます
あと、僕もその日はまだ大丈夫と思って、寺子屋(フリースクール)をやっていたのですが(その日は小学生の男の子1人だけ来ていまして)、祖母の死の数時間前の時に立ち会ったのですが、後からお母さんに聞いたところ、この歳で、何度もそういう人の死に関わる場面を経験しているそうです。
将来、そういう看護系か福祉系に行くお役目があるのかなーとお母さんと話ししてました。
そして、その子のお母さん自身が、在宅看護の仕事をされてて、色々と末期の患者さんの状態時に詳しく、
楽しいことを声かけしてあげることや、口の中に少しだけ好きなもの、
あんこなどをつけてあげると喜ぶことなども教えてくれました。いろんなご縁が重なった1日でした。

祖母の日記

祖母が毎日、書いていた日記、何を書いているのか読んだことなかったけど、
ふと気になり、読んでみました。

ちょうど僕がまだ教員をしていた時のページの一部。

9月20日 はれ

けんが来ると言うので、私は寝やんと待っておる 今、20時15分。

 

22時20分

けんが今帰ってきたと私に言いにきてくれた。うちの大事のまごです。

 

10月18日 日曜日
けんが来て、今日帰って行った。
けんは心の優しい大事の孫。
今は松阪で高校の先生をしているそうな。

 

いつでも、無条件の愛情を与え続けてくれていた祖母に本当に感謝です。

以前、ゆくりはねっとの記事でも書いたのですが、今に想いを込めて悔いなく生きることの大切さを改めて感じます。

生きる上でとても大切なことが書いてありますので、よかったら過去記事も、また見ていただけたら幸いです。

 

<過去記事1>
『大切な人の死と、これから自分にできることとは(受け取った愛情を返すという生き方)」

<過去記事2>
『大切な人との別れと、自分にできることとは』

 

<過去記事3>
『ドラえもん おばあちゃんとの思い出』を読んでの感想(タイムマシーンと無償の愛)

 

今に想いを込めて、悔いなく生きることの大切さ

いつかくるお別れ、怖れていたからこそ、どう生きれば良いかも考えていました。

自分のやりたいことリストの一つに、もう数年前から、「悔いなく祖母と関わる」というものを入れていて、
祖母と会う時間を増やすために、数年前ですが、以前、教員をやらせてもらっていた時、週5日勤務を週3日勤務にしてもらいました。

当時、クラスの担任を持っていましたが、理解してもらえて、
週3日の勤務にしていただけたことも本当に職場や人に恵まれてたと思います。

そういった覚悟も心のどこかではあったので、最後はちゃんと関われませんでしたが、
それまで肩もんであげたり、手つないだり、フォトブックプレゼントしたり、たくさんの時間、たくさん自分も愛情を注げたかなと思います。

 

「何があっても、おばあさんは僕が絶対守ったる」そんな風にいつも思っていました。
全く後悔がないとは言えませんし、リストに書いてあったんだから、もっと意識して関われたかなと思うこともありますが、

独立後、実家で、祖母と一緒の時間を過ごすことができたこと、

最後は家で家族で看取れたこと、あのタイミングがベストだったのかもしれません。

ちょっと、恥ずかしかったですが、生きているうちに、もう1回膝枕してもらいたいな、という思いがあり、祖母と二人になった時、お願したら、すんなり受け入れてくれた時は嬉しかったです。
祖母の無償の愛情に涙が出ました。ちょうど、ドラえもんの「おばあちゃんの思い出」みたいな気持ちでした。

ヒーラーさんからのメール

祖母の容態が悪化した頃から、親しいヒーラーさんにヒーリングをお願いしていました。本当にずっとしていただいていて、ずっとメールもしていただいていて、僕の苦しい時も支えていただいていました。本当に感謝です。

祖母が亡くなってすぐ、祖母が、インフルエンザの件、罪悪感を持つ必要ないことを僕に伝えていることを、ヒーラーさんからお聞きしました。

そしてこのヒーラーさんもおばあちゃん子で、祖母が亡くなった1ヶ月後に、今度はヒーラーさんのお祖母様も容態が悪化し亡くなられたという出来事がありました。ヒーラーさんのお祖母様の容態が悪化されたと聞いて、今度は僕もお祖母様が少しでもよくなるようヒーリングさせていただいていました。

そのヒーラーさんからのメールです。

おばあさま、明日が49日ですが、私からも、ヒーリングのお礼をお伝えさせて頂きました。私のところには、以前から、笑顔のみ、伝わってきてたのですが、再度こちらから、何か伝えたいことがあるか、聞いてみました。

もしメッセージ頂けたらなと思い、おばあさまに、何回か確認してしまいました(^_^;)
もしかして遠慮されてるのかな、と思ったので。やはり笑顔だけでしたが、おまんじゅうを、私に下さいました(^-^) お供えしてもらってた物でしょうか、ありがたく、頂きました。
(エネルギーで食べるという経験、初めてしました)

もしかしたら、私を通して伝えたいことは、今は特に無くても、松葉さんに直接言いたいことなら、あるかな?と思ったので、おばあさまに別次元で再会、また試みてみました。
(その都度の許可をもらわずに、また勝手にすみませんが、お二人に、このタイミングで、私からの、ヒーリングのお礼の気持ちです。)

おばあさまは、松葉さんの頭を、ポンポン、ヨシヨシしてあげて、ハグしてました(T_T)

『謙、じゅうぶんだよ、ありがとう』

おばあさまは、言葉よりも、愛情のぬくもりを、伝えたかったのかなと感じました。

目に見えないけど、おばあさまが、松葉さんにずっと今も、そそいでる愛。
どうか、忘れないであげて下さい。

きっと、松葉さんの一生を、暖かく見守っていかれて、何かあれば、力を貸してくださることでしょう(T_T)

成仏(=浄化)されてても、松葉さんの言葉を聞いてますから、ずっとそばにいてくれてたのだと思います。

 

もう僕は十分もらったと思います。

おばあさんのぬくもり、この愛情があれば、これから先、僕は何があっても乗り越えていけると思います。

与えてもらった愛情を、今度は自分の周りの人へ。

 

追記:大切な人との死別について

大切な人との死別について、今を生きる全ての人が経験することだと思います。

そして、それはとても寂しく辛いことですよね。

同じような経験をされている方に、何もできないかもしれませんが、ほんの少しでも力になれたらと、
僕から言えることを綴らせていただこうと思います。

僕から言えること、

それは大切な人はいなくなったわけではないということ。

魂としてはちゃんと存在していて、ちゃんと今も繋がっています。大切な人を思う時、その思いはその人にちゃんと届いています。

思いはエネルギーなので、思った瞬間に届いているのです。

こちらから霊のように見えるわけではありませんから、相手の方の思いを受け止めれないと思ってしまうかもしれませんが、それは思い込みです。

 

大切な人に意識を向けた時、
胸のあたりに暖かいものを感じると思います。

 

感覚として感じると思います。それが大切な人からのメッセージです。言葉ではなく、
ハートの感覚として伝わってくるはずです。

 

この繋がっている感覚を、どうか大切にしてください。
いつも心であなたと一緒なのです。

 

最後に、門脇麦さんの「Reborn」という曲は、330ヘルツの周波数が出ているちょっと特別な曲です。
原曲は、山下達郎さん。

 

ハンバート ハンバートの「同じ話」も温かい曲だと思います。

 

死については色々と考えさせられます。

なぜか、ドラマの『世界の中心で愛を叫ぶ』の中で出てきていた印象的な詩をふと思い出していました。

この詩を最後に載せておきますね。

 

『ソラノウタ』

生きていくあなたへ

もしもおまえが枯葉って何の役に立つのってきいたなら

私は答えるだろう

病んだ土を肥やすんだと

 

おまえは聞く

冬はなぜ必要なの?

すると私は答えるだろう

新しい葉を生み出すためさ

 

おまえは聞く

葉っぱはなんであんなに緑なの?

そこで私は答える

なぜってやつらは命の力に溢れているからだ

 

おまえはまた聞く

夏が終わらなきゃいけないわけは?

私は答える
葉っぱどもがみんな死んで行けるようにさ

 

おまえは最後に聞く

隣のあの子はどこに行ったの?

すると私は答えるだろう

もう見えないよ

なぜならおまえの中にいるからさ

おまえの脚はあの子の脚だ

 

がんばれ

 

『ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ』より引用

 

もらった愛情だけは絶対になくなることはありません。

生きていたら、色々と大変なこともありますが、
この愛情があれば、きっと何があってもやっていけるんじゃないかと思います。

本当におばあさん、ありがとう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。