スピリチュアル的な視点から新型コロナウイルスを読み解く

世界的にも、コロナウイルスの方の猛威が止まりませんね。

こんにちは、ゆくりはねっとの松葉です。今日は今一番話題のコロナウイルスに関してのお話です。

ゆくりはねっと とは別に行っている寺子屋(フリースクール)の方も、
現在は政府の要請に合わせてここ、1、2週間はお休みの方をしています。

 

さて、今日は新型コロナウイルスについて個人的な見解を書いていきたいのですが、今回のお話はスピリチュアル的な視点からの解説になります。

まだ、これらのことは現代の社会では解明されていないことですので、
それぞれどのように受け止められるかは、おまかせします^^

まーこんな話もあるかなーくらいの気持ちで読んでいただけたらと思います。

ウイルスの本質はエネルギー

まず、ウイルスというのは、不思議な生命体ですよね。

ウイルスは生物でありながら、無機物との中間存在であり、
人の目には見えないほど小さな存在です。

ウイルスと、細菌は同じように捉えがちですが、実は全く異なる存在です。

細菌は、細胞を持ち、自ら繁殖します。つまり小さな生物ですね。

しかし、ウイルスは、細胞を持っていない、自分だけで繁殖できない、栄養を取らない、自分の力で動けないという特徴があり、

そして、量子力学的にみれば、これはエネルギーになります。

人も含めて全ての物質は量子の観点から見ればエネルギーであるのですが、
全ての物質は個別の周波数をもっています。

そして、このウイルスというのは周波数的に見れば、【怖れや心配や不安】といったエネルギーになります。

(ウイルスの写真載せようとしたのですが、心霊写真とかと同じでちょっとネガティブなエネルギーを感じたので、今回はイラストにしておきました^^;)

怖れや、心配や、不安の周波数。

ウイルスはこれを持つところに出現し、拡大する性質があります。

つまり、コロナウイルスを怖れ、意識すればするほど、かかりやすくなります。

なので、まず予防の1番になるのは、自分がその周波数に同調しないということです。

そういえば、昔あった映画の『リング』(貞子さんのやつ)も、呪いのビデオから、呪いの感染みたいなお話でしたね。

ウイルスの、エネルギー的なイメージとしては、それに近いかもです。

 

人も落ち込んでる時は、免疫が下がって風邪にかかりやすくなりますが、
あれも周波数が同調しやすいからなんですね。

また、もう1つの特徴としましては、ウイルスはその人の体を弱くするという特定の周波数も持っています。

なぜウイルスにかかると、免疫が落ち、どんどん増殖するかというと、
「その人の弱っている原因の部分をコピーして、少ない労力で増殖する」
というのがウイルスの特徴としてあるからです。

こうして、自分で細胞分裂できないウイルスは、増えようとします。

ちなみに、細菌に抗生物質は効きますが、ウイルスには抗生物質は効きません。

医学的に説明するなら、ウィルスのRNAが
私達の体に入って、私達のDNAとくっついて複製するという仕組みです。

 

つまり、私たち自身に、もともと弱っている要素があり、そこをコピーされてしまうわけです。

なので、ウイルスにかかった時は、もともと自分の体を弱らせていた原因、
例えば、ストレスだったり、食生活だったり、毒素だったり、何がきっかけになっていたのか、

色々と気づかされるものがあります。

ウイルスにかかりやすくさせてしまう下地を、自分自身が元々持っているということになりますので。

 

大きな視点からみた新型コロナウイルスの役割

ニュースや報道を見ていると、
「これからどうなるんだろう」と不安な気持ちになってきますが、
その気持ちでいれば、この周波数と同調してしまいます。

なので、こういう時だからこそ、
なるべく「安心、リラックス、楽しく」気持ちをポジティブに傾けておくことが大切だと感じます。

そうすることで同調しづらくなるということがあります。

今、メディアの報道を通して、多くの恐れや不安を与えることで、人類全体の波動を落とすような意図も見えます。
なので、必要以上に、不安になったり、恐れる必要はありません。

もちろん、生命体としての性質もあるので(ウイルスはウイルスで種の保存がありますから感染拡大したいわけです)、なので、精神がポジティブで健康体でも感染源にいけば感染してしまう可能性はあると思います。

また、よくスピ的にいわれているのは、これまでの歴史の中で「ウイルスが現れる時に、人類が進化している」ということがあるそうで、必ずしも、今起こっている全てが悪というわけではありません。

最初にネガティブな意味を与えてしまわないことがとても大切です。

 

大きな視点から見れば、ウイルスにも「役割」というものがあるのですね。

おそらく、その役割の意味は、ネガティブ→ポジティブへの転換なのだと思います。

すなわち、今の「怖れを基盤にした地球」からの脱却です。

「怖れを基盤にしなくても良いよ」ということを教えてくれているような気がします。

怖れによって、僕たちは、本来持っている力というのが制限されてしまっています。

そろそろ、そこに気づく時かもしれません^^;

 

 

また別の視点からみると、例えば、古神道の世界では数霊(かずたま)という考え方がって、

言葉に「言霊(ことだま)」があるように、数字にも「数霊(かずだま)」というパワーが宿っていると考えられています。

コロナも、コロナ(5 6 7)と読めなくもないですよね。

567の並びというのは、数霊の世界では「ミロク」と呼ぶそうです。

ミロクの世を迎える前の、みんなの集合意識の転換のきっかけといいますか、

コロナを乗り越えることで、ネガティブから、ポジティブに移行していく流れのように見えてなりません。

まあ、この数霊に関しての辺りは、こじつけみたいにも捉えられるかもしれませんが、
まあ、言葉遊びというか、はい、こじつけだと思っておいてください^^;

心の片隅にでも置いておいてもらえると、少し明るい気持ちでいられるかもしれません。

新型コロナウイルスから学ぶこと

さて、今回の件で、経済は大変なことになっています。

もうすでに「コロナショック」とも言われていますね・・。

今回のコロナ騒動は人為的な災害(意図的に起こされた災害)ではないかと言われていたりもしますが、
今回はちょっとそこは触れずにおきますね。

ただ、1つ言えることは、今回の不安を煽るようなメディアの報道の仕方によって、コロナショックは引き起こされていることは確かだと思います。

本来よりも、より人々を怖れさせるような報道の仕方(毎日、何人が死に、◯◯という有名人が感染した、海外では何人が死に、海外ではパニックになっているなど、このような報道を毎日聞かされていたら、誰でも怖れが出ますよね^^;)

つまり「怖れという情報の拡散」ですね。これで一気に経済の方は、リーマンショックを超える経済的な停滞を起こしました。

この情報ウイルスの方が、今回の新型コロナウイルスよりも脅威だと感じます。

怖れに振り回され過ぎないということも、今回の騒動のポイントになってきます。コロナで死ぬ人よりも、

大きな視野から見たとき、コロナの問題そのものよりも、今回のコロナショックの経済的な問題での死者数の方が問題になってくる可能性もあります。

ですので、ここで大事になってくるのは、情報に対する知性(情報リテラシー)です。

 

今回のことで、倒産する会社、多額の借金を抱えてしまった企業たくさんあると思います。

それと同時に、個人個人に「さまざまな気づき」があったと思います。

自分自身の「働き方」について、「家族との向き合い方」について、
「学校や教育」について、「政府の対応」について、「1人1人の行動」について、
「健康と病気」について、「いのち」というものについて。

新しい時代を生きていくうえで、僕たちがこの経験から得た気づきは大きいのではないでしょうか。

この気づきに向き合っていくことが、これからの人生を生きていくうえで大事でしょうね〜。

その役割に気づき、愛と感謝に変えること。これが、コロナウイルスを浄化させるコツになると個人的には考えています。

そして、あまりコロナ、コロナと意識しないことが大事だと思います^^

あと、ポジティブなエネルギーを意識するのに1番良いのは、日の光に浴びるということ。これは効果的だと思います。

 

新型コロナウイルスの現状の問題点

もちろん、ウイルスそのものの危険性には十分に気をつけなければなりません。

特に、新型コロナウイルスの現状の問題点として、

コロナウイルスの現状の問題点

・まだ治療薬が開発されていない

入院を必要とする患者数が増えすぎると、医療システムが崩壊する恐れ

・かかっても致死率は低い(軽い症状で感染していることに気づかない人も多い)だからこそ、感染が拡大する可能性が高い

 

ということが挙げられます。

 

それによって1番危険になるのが、お年寄りや、持病などで抵抗力があまりない方への感染だと思います。

現在、政府が集団でのクラスターを防ぐ目的として、
大きなイベントや、集団での集まる場所を自粛するよう呼びかけているのは、
拡大防止と同時に、お年寄りの人などへの感染を防ぐということも大きいと思います。

 

僕自身も、昨年の2019年は、自分自身のインフルエンザを祖母にうつしてしまい、
大好きだった祖母を亡くしてしまった経験があり、
本当につらい思いをしたので、

ここに社会が敏感になるのは痛いほどよく分かります。

大切な家族が自分のせいでとなってしまうのは
本当につらいですからね。

これからの僕たちができる対策

まず、自分自身にできることとして、

これから僕たちができること

十分な睡眠を摂り、健康的な生活を送り、免疫力を上げておくこと

不安にフォーカスしすぎず、心に余裕を持って、『安心、リラックス、楽しい、ポジティブ』な状態で過ごすこと

不安や恐れではなく、コロナウイルスに対しても愛と感謝の気持ちを持つ(そうすることで消滅する)

今回のコロナの件は、成長する機会と捉える(怖れを基盤にした社会からの脱却のチャンス)

人混みなど感染の確率が上がるところはできるだけ今は避ける(ただし、怖れすぎて引きこもりすぎるというのもよくないと思っています)

コロナウイルスを、あまり意識しないようにする(意識するほどネガティブな影響を受ける)

怖れの情報を報道するメディアの「情報ウイルス」に振り回されないよう知性を高めておく

日の光を浴びる

かかったらどうしよう」では不安が増大するので、「もし、かかったとしても、大丈夫」という気持ちで、自分の免疫力、エネルギーを高めておく

 

 

この辺りかなと思います。

必要以上に不安にならずに、こんな時だからこそ、みんなで助けあっていきましょう^^

 

質問や、感想などもお待ちしております^^
(この記事の下にあるコメント欄に、ご記入くださいね♪Eメール、ウェブサイト名などはご記入不要です)

よかったら記事の方も、シェアしていただけたら嬉しいです^^

今日も読んでいただいて、ありがとうございました^^