ブログ

バケツの水と輪廻転生(本当の輪廻転生の仕組み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
baketu-mizu-2

生まれ変わりってあると思いますか?

「生まれ変わり」。

一般に「輪廻転生」という言葉で古くからいわれていますが、
今日はその輪廻転生について、

ちょっとおもしろい話を聴いたので触れていこうと思います。

 

正直、死んだあとのお話ですので、確認することもできませんし、

絶対そうだと言い切れないのがこのお話のつらい所なのですが^^;

 

私自身はは、「輪廻転生」というものがあるのではないかなーとなんとなく思っています。

なぜならばそれが、

私達がなぜ今を生きているのか?その根本的な理由にも割としっくりとつながるからです。

 

実は、今日ここでお話するお話は、

色んな本を読んで、共通していた部分があったのでおもしろいなと思って紹介しています。

しかし、ここでお伝えする「輪廻転生」と、
一般に伝えられている輪廻転生には2点大きなズレがあります。

 

そのことをまずは説明しますね。

まず1つめ。一般に私達がイメージしている輪廻転生というものは、
例えば、「あなたの前世は虫だ」とか「来世は猫に生まれたい」とかいったりしますが、
基本的に輪廻転生というものは

鉱物霊→植物霊→動物霊→人霊という順番で進化していくようですが、
人→動物という逆のパターンはないようです。

1度人に進化してしまえば、次も人に生まれ変わるということです。
どんな人でも、限りない数の再生を繰り返しているので、
現在生きているほとんどの人の前世は人であったことが多いということです。
だいたい平均して13回位らしいです。
よく何百回とかいう方もいらっしゃいますが、人になってからは13回前後というのが今の自分の中での答えです。
(バカではないので何百回も転生しなくても、13回前後でだいたい学びを終えれる人が多いようです)

 

そして、2つめ。これが面白いところなのですが、

一般的に輪廻転生というと、
今、生きている「自分」という存在が死に、霊界(あの世)に行く。

そして、一定の時間を経て、地上(この世)に再生すると考えられています。
この時、再生するのは「前世」の私と「現世」の私は、
「自分」という全く同じ自意識をもっていると一般には考えられています。

 

つまり「今、現在『自分』と感じている意識が、
そのまま存在し続いていく」という考えです。

多くの人がこのように考えていらっしゃると思います。
しかし、どうも、この考えは、半分正解で半分間違いのようなのです。

 

うそー???って思いますよね^^;

 

本当の輪廻転生の仕組みについてみていきましょう。

まず、驚愕の事実ですが、今意識している「自分」というのは、
自分のすべてではないということです。


今自覚している「自分」は、
本当の自分の「ごく一部」だということです。

生きている間は脳を通して、自覚しているので、すべてを知ることができません。
人は死んで初めて、全体としての自分」を知ることができます。
この「全体としての自分」が本来の「自分」なのです。

個人的な解釈ですが、これを集合的無意識(超意識)、

呼ばれているものだと思うのですが、

多くの人が「神」と呼んでいるものもこれのことだと思っています。
私は無宗教なので、あえて、集合的無意識と呼びますね^^

神と理解していただいてもOKです^^

この大きな意識は「愛のかたまり」みたいなものです。

もともとは、1つです。

これが、別れて私達1つ1つの身体に魂として入っているのですね。
神道なんかではこれを「分け御霊」という言い方をしていますね。

私達が、自分以外の人が苦しんでいたり、傷ついていたりすると心が痛むのも、
もともとは1つの自分自身だからなのでしょうね^^

そういうことなのだと思います。

逆に言うと私達の悩みを創る根本はこの「分離感」からきています。
自分と他人は違うという所ですね。

で、私たち1人1人の肉体が死ぬと、1つの「意識」になります。
これは、私たちが普段自覚しているこの「意識」のことです。

「心」または、「魂」ともいいます。

今いる私たちの世界は3次元(物質世界)ですが、ここに「時間」が加わると、
4次元になります。

さらに、ここに「意識」が加わると、5次元。
いわゆる「魂」、「意識」の世界です。

こういう意識だけの世界はあると私は感じています。

だって、私たちの見る眠っているときの夢の世界も、
5次元「意識の世界」ですからね^^

誰もが体験しているはずなのです。

 

そこで、もう1度、輪廻転生ということに話しを戻しますね。
人は死ぬと、この本来の「全体としての自分」を自覚します。

そして、徐々に「個」としての意識が、
全体の大きな意識(集合的無意識)に取り込まれていくことになります。

で、この「全体としての自分」の中のごく一部が、輪廻転生します。

 

分かりやすく、バケツの水で例えますね。イメージしてみてください。

ここに、バケツに入っている水があるとします。
これが、「全体としての自分」です。
この中の水は少し濁っています。

そこで、バケツの中から、コップで1杯水をすくいます。
その1杯のすくった水が、
輪廻転生して今を生きている「あなた」です。

今、生きているこの瞬間は、
このコップの中の水を「自分」のすべてだと意識しています。

この世に輪廻転生をしてきた「目的」は
このコップの中の少し濁っている水を、
より透明にきれいにすること。

それが、私達がこの世に生まれてきた目的だと思っています。

「水を透明にするということ」とはどういうことか?

それは、魂を成長させる(レベルアップさせる)
ということなのです

どうやったら魂を成長させられるのかというと、

前回 お話した通り、この世での、
さまざまな苦しみ、つらいこと、
感動したことを通して、
「気づく」という経験を通してです。
「経験」をしないと本当の意味で「身につかない」のです。

それは、「愛を学ぶ」ということに通じています。

「愛」というと、なんか宗教っぽくて誤解されそうなのですが、
要は、まずは「自分を愛する」ということ。

自己愛ですね。すべてのベースはここです。
そして「どれだけ自分のことのように、
自分以外の人を思いやれるか」
これは、利他愛、「無償の愛」というやつですね^-^

これは、「自分が人から嫌われようと、
相手のことを思えるか」
ただ、見返りを求めず「与える」という愛です。

この「愛」を学ぶための方法は、人によってさまざまです。

それは、例えば大きな病気事故、大切な人の死であったり、
つらい経験もふくまれるかもしれません。

彼氏、彼女に振られることかもしれません。

誰かから大きな愛情をもらって涙した時かもしれません。

しかしそこから「気づいたこと」そこに大きな意味があるのです。
それは、きっと「人を思いやること」につながる大切な気づきのはずです。

また、人は生まれて来るとき、
「今回の人生ではこれを達成しよう」と
目標・課題をもって生まれてきます。

例えば、前世、人と関わるのが苦手だったなら、
より多くの人とかかわり、自分の思いを人に出す。
といった課題であったりです。

本当に色々な課題があると思いますが、
最終的にすべていきつく先は、
「この無償の愛」を学ぶというところにつながっています。

人とのかかわりの中で愛を学ぶのです。
それだけ無償の愛というのは、レベルの高いことなのです。
そのためには、自分自身の成長させなければならない
多くのテーマや課題が必要なのです。

そうやって愛を学びながら、
少しずつコップの水を透明にきれいにしていくこと。
それが、私達が今を生きている理由なんですね。

この「コップの水を透明にすること」
(魂を成長させること)は、
あの世でもできるのですが、
この世(物質界)の方が成長させるのに効率がよいのです。

あの世はある意味、退屈で暇な世界なんです 笑
基本なんでも手に入りますから(愛に反する行動をしない限り)

この世は、さまざまなつらい経験、苦しいことがありますが、
それゆえに、人の優しさ、気づき、さまざまな面において、
あの世よりも「感動」の幅が大きいのです。

「ちょっと過負荷があった方が、成長する」という、

これって筋トレと同じ原理ですね・・・ 笑

 

そう私たちは修行しに来ているんです。

ちなみに、
なぜ私たちには一般的に前世の記憶がないのか?

という理由もここから説明できます。

つまり、前世の記憶を持って生まれてきたら、そこに「感動」がないということ。

 

だって、ゲームだって一緒じゃないですか^^;

1度クリアしたゲームを、
「めっちゃおもしろい」って思って感動できないですよね。

ちょっと、しらけますよね 笑
(「
この後の展開、もう100回プレイしたからわかるし」、みたいな^^;)

 

だから、わざわざこのゲームには記憶を消すシステムが組み込まれているのです。

初めてやるゲームは、楽しいですもんね。感動しますもんね^^

そして、命をまっとうして死ぬと、
再び、「全体としての自分」を意識できるようになります。

「あー、そういうシステムやったー忘れてたー」って感じで 笑

そのとき、この「以前より透明に近づいたコップの水」は、
「バケツの水」の中に戻されます。

するとどうでしょうか。

バケツの水は、
以前の水より全体として少し透明に近づくことができました^^

こうして繰り返し繰り返し、輪廻転生して、
少しでも以前より透明になった水をバケツに戻すことで、
バケツの中の水を透明にしていくこと。

つまり、「全体としての自分」が「無償の愛」に近づいていくこと。
これが、輪廻転生する意味なんですね。

 

で、普通は命を全うし、輪廻転生していくのが通常コースなのですが、
(事故死、病死、突然死は宿命的なものもある。)

 

唯一、例外が「自殺」です。
「自殺」ということを設定して生まれてくる魂はいません。
ですので、これはよく覚えておいていただきたいのですが、
「自殺」は、ゲームでいうと、リセットボタンを押すようなものなのです。

ゲームで、嫌になってリセットボタン押したことある人いますよね。あれに近いです。

命をまっとうすることで、今回の人生で成長した部分というのは来世に引き継がれるのですが、
「自殺」だけは、せっかく今回の人生で、魂の成長した部分がリセットされてしまいます。
もともと、計画されていないからですね。

 

学校で例えるなら、自殺とは、自主退学をするようなものです。
ですから、一生懸命頑張って卒業した人と、頑張ったけど自主退学した人と同じ待遇にはならないのと同じように、
ペナルティのようなものがあるようです。

ですから、無になると、楽になる思って自殺を選択する人もいると思いますが、
死んでもこの「意識」は残りますし、それで終わりではないので、大変な苦労することになります。

輪廻転生のコースに進めず、一人反省の機会を与えられたり、
輪廻転生しても今よりも苦しい来世になったり(今世の分も挽回して学ばなければいけないので)
死んでからこの仕組に気づき後悔する人もいるようです。

 

話を戻しますね。

バケツの水を透明にするということについて、

そして、ここで重要なのが、

1度コップにすくった水をバケツに戻すということは、
1度バケツの中の水と混ざるということ。
つまり、2杯目にコップにすくう水は、
「前世」に「自分」と意識していた自分ではないということです。

つまり、1つは丸々、前世と「同じ魂」ではないということ。
前世の一部を含んでいることはあるでしょうが、
おそらく丸々同じではないということ。

つまり、「全体としての自分」ということに

変わりないので、
輪廻転生は「ある」ともいえますし、
前世の自分とは全く別の場所の水が
すくわれているかもしれないので、

「前世」と同じ「自分」としての再生という意味では、
輪廻転生は「ない」ともいえそうです。

 これが、現段階での輪廻転生に関する私の考えです。
(※2016年現在、ちょっとこの記事を読み直してみて、
正直結論は出ていません。前世の記憶を覚えている人が何名かいる点からも、もしかするとそのまま同じ魂が輪廻転生しているのかもしれません。自分の魂の成長レベル(徳の高さ、愛の実践レベル)によって、死後にいく階層も変わってくるはずですので、まず魂の成長レベルの違う人の魂同士が一混ざって転生ということはないはずです)

 

ちなみに全体として統合された状態でも、「自分」と認識することは出来るようです。
これは、ちょうど、子どもの自分と、大人の自分という風に考えると分かりやすいですが、
「同じ自分」でも、大人になってから、子どもの時の自分を思い出すような感覚に近いようです。

ただここで大事なのは、輪廻転生があるにしても、ないにしても、
きっと生まれてきたことにちゃんと意味があるのだなということ。

だからこそ、私達は、今「自分」としている自分は、
かけがえのない一回きりの「自分」という存在であり、
1日1日を大切に、
このかけがえのない命をまっとうしなければならないのだと、
そんな風に感じています。

前世のことを考えるのも大事ですが、
やはり、大事なのは「今」です。

「今、この瞬間の自分」が大事なのです。

しっかり、あなたの人生を生きてくださいね。
後悔のないように^^

「あなたのバケツの水は綺麗な色をしていますか?」

長くなりましたが、これで輪廻転生の説明を終わります。

読んでくださりありがとうございました^^

 

※今日は輪廻転生についての仕組みについて
自分の中の答えをお話させていただきましたが、
こんな考え方もあるよっていう意見も
いっぱい聴いてみたいなって思います。

また、ご意見がありましたら下のコメント欄にご記入ください^^

これまでの記事はこちら

人生の仕組み TOP

何のために生まれてきたのか(1)

なんのために生まれてきたのか(2)

sen

心のホットラインゆくりは ねっと では、さまざまなお悩みの解決のお手伝いをしています!

もしも、ご自身にも、大きな不安や、悩みがあるときは、

1度頼ってみてくださいね^^

「体験」と「体験によって得られる気づき」これが電話相談で得られる価値だと感じています♪

電話悩み相談 心のホットライン ゆくりはねっと

facebook

 

ゆくりは ねっとでは、普段のお悩み相談とは別に、

全国でも珍しい「才能アドバイザー」のお仕事もしています^^

「自分が何にワクワクするの分からない」という方、

「自分の進むべき道がわからない」「自分の才能が分からない」とお悩みの時、
あなたと一緒に、あなたのやりたいことや、
才能、そして進むべき道を一緒に探していくお手伝いをします。

2014-07-12_01h41_48

どうすれば自分の才能や天職、人生の使命が見つかるのか?
これまで、徹底的に研究し、オリジナルのノウハウを完成させました。
(仕事を選択する時に、絶対に外してはならないポイントというものがあるのです。また、才能の見つけ方はもちろん、あなたの使命までカウンセリングでは言及していきます)

これは、「知っているか知らないか」ある種の法則のようなものですが

多くの方は、ここが分かっておらず、才能と環境が一致せずに働いていることが本当に多いです。

この法則を人生で知っているか知らないかは

かなり大きいですし、

才能アドバイスを受けることで、
転職や仕事選びにおいて無駄な作業や無駄な時間を使うことはなくなると思います。

カウンセリングでは、じっくり相談者様のお話をお聴きしながら、
相談者様の才能、本当に進むべき方向を見つけていきます。

 

才能アドバアイスでは、こんなことが分かります^^


① あなたの本当の才能

② 本当の意味での正しい仕事の選び方

③ 本当にあなたが進むべき人生の方向

④ 自分の人生の使命(いくつかのキーワードとして見つかります)

⑤ 自分が満足し、幸せになれる生き方

⑥ 人生を楽に生きれる考え方 等

 

 

また、「本気で天職で生きていきたい人」
「好きなことを仕事にしたいけど、どうすればいいか分からない」方にも
そのポイントをお伝えしています!

 

今の仕事が本当に自分に合っているのか迷っている時、

自分の才能が分からないという方は
お気軽にご連絡くださいね^^

きっと新しい気づきと、あなたの人生の進むべき方向が分かりますよ^^

「才能アドバイス」の詳しい説明はこちら

 

ご相談は、こちらから

facebook←facebokはこちら
(友だち申請、大歓迎です^^)

facebook.jpg

<カウンセラー: 松葉 謙>

児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。
マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。
帰国後、昼間はNPOの小さな学校で教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートをしながら、
2010年 夜間の悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。
立ち上げから3年で1000人以上の心の悩み相談を聴く。

 

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、
これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。
夢は、「生きる力を学べる寺子屋」を創ること。

松葉 謙の詳しいプロフィールはこちら

 

質問や、感想などもお待ちしております^^
(この記事の下にあるコメント欄に、ご記入くださいね♪Eメール、ウェブサイト名などはご記入不要です^^)

 

 

今日も読んでいただいて、ありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

出版社の方へ         【執筆・原稿のご依頼はこちらまで】

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりご連絡ください。
このカウンセラーというお仕事を通して、これまで約2,000名の方の心のお悩みをお聴きしてきました。カウンセリングの中でお伝えさせていただいてきた「心が楽になる考え方」を、より多くの方にお役に立てるよう、現在、「人間関係の悩みを解決する方法」、「トラウマの消し方」、「人生をもっと楽に生きられる考え方」「苦しみが生まれる仕組みと苦しみの取り除き方」などをテーマに商業出版を考えております。ご賛同いただける出版社様からの執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えております。もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします。詳細は、下記のリンクから御覧ください。
→原稿のご依頼はこちら

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で、2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

人間関係の心の悩みや、トラウマの治療も専門としている。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を育む寺子屋」を創ること(現在、準備中♪)
プロフィールの詳細は→こちら

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法

さまざまな悩みの解決法

こちらでは、ネガティブな気持ちを前向きにする方法や、幸せに生きるコツなど、さまざまな悩みに対しての解決のヒントをお伝えしています♪無料で読めますのでお気軽にご覧ください。カウンセリング以外でも、少しでも何かお役にたてればと思います^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法は→こちら

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

人生の仕組み

人生の仕組み

「何のために私達は生まれてきたのか」「死とは何か」「命の重さ」深い話好きな人はこちらから

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 2958現在の記事:
  • 510521総閲覧数:
  • 872今日の閲覧数:
  • 941昨日の閲覧数:
  • 321677総訪問者数:
  • 581今日の訪問者数:
  • 612昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る