ブログ

不登校支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
心のホットライン ゆくりはねっと

現在、「心のホットライン ゆくりはねっと」と同時に、私は不登校・中途退学者の居場所支援の学校で働いています。

「ゆくりは ねっと 」でも、不登校支援でも、実は根本の自分が伝えたい思いは同じです。

それは、「大丈夫、あなたは一人じゃないよ」ということ。

「ゆくりは ねっと」では、電話で相談者様の話を聴くことを通して、不登校支援では、この学校自体が、子どもたちに、自分には居場所がある、1人じゃないと実感できる場として。

この2つの仕事を通して、そのことを伝えることができたなら、自分は悔いなく生きることができたと思えると思います。

この、「自分は1人じゃない」という実感は、人生のさまざまな経験を通して、獲得していくものだと思うのですが、特に中学生、高校生の思春期の頃のそういった、自分に居場所があるという経験や、人とつながっていると経験というのは、とりわけ、その後の人生においても重要であり、そんな彼ら若者のサポートがしたいと思い現在、不登校・中途退学者の支援もしています。

「ゆくりは ねっと」では、主に人間関係でのお悩みを専門としていますが、現在の若者が社会に出てつまずく所として、この人間関係をうまく築けないという問題が大きな問題としてあります。

社会で生きていくために大事なことは、「人との関係が築けるかどうか」ここに大きなポイントがあると思っています。

多くの相談者様のお話を聴いていると、内容はさまざまでも、最終的にこの「人間関係」の問題にいきつくことも多いです。

この人間関係を築きあげていく力を養うには、「他人と何かを一緒に作業する経験」や「「他人と1つのものを作り上げていく経験」がとても大切なことであると感じています。

しかし、日々不登校やひきこもる若者たちと関わる中で感じることは、この「他人と何かを一緒にする」という経験が圧倒的に少ないことが気になります。

また、気になるのは、彼らの自己肯定感の低さです。すぐに、「自分には無理」という言葉や、強がっていても、本当は自分に自信がなかったり。自分のことが好きになれなかったり。

自分に自信を持つには「他人との関わり」が絶対に必要です。だからこそ、この学校で、「人から必要とされたという経験」や、「他人から褒められる」という経験は、彼らが社会に出て、大人になってからも、人と繋がっていける1つのきっかけになるものだと信じています。

そんな思いを持ちながら、日々若者たちと関わっているのですが、1日1日色んな出来事があり、彼らの成長に感動したり、とても楽しく、やりがいを持って日々過ごしています。

しかしながら、このような場所にでも、最初の1歩を踏み出すのは容易なことではないでしょう。

「自分の知らない人たちがいる場所へ行く」という最初の一歩は彼らにとって本当に大きな不安なのです。

また、親御さんが悩みを1人で抱えてしまうという問題もあります。

各地域にこのような不登校支援の相談を受け付けている機関は多くありますので、できる限り、1人で抱え込まずに、ご相談していただけたらと思います。

 

※私自身、普段は不登校やひきこもりの専門員・相談員をしておりますので、
お悩みがあればいつでもご相談くださいね^^

少しでも何か解決のヒントに繋がるサポートができたら幸いです。 

NPO法人 不登校情報センターでも「ゆくりはねっと」が紹介されました。

2014-10-01_22h23_20

心のホットライン ゆくりは ねっと は、
心が弱っているとき、落ち込んでいるとき、「話す」ことを通して、今悩んでる問題が解決したり、いつもの元気を自分に戻せる、そんなサービスです。
不登校でお悩みの方に何かお役にたてることができたらなと思います。
お気軽にご相談ください。

 

電話悩み相談 心のホットライン ゆくりはねっと

yukuriha.smol

ご相談は、こちらから

PS:動けない時、勇気がでない時に読んでほしい記事書きました。
こちらもよければ、ご参考にしてください^^

人生を大きく動かすコツ

電話相談員が教えるひきこもりからの脱出法(具体的に動くということ)

 

facebook←facebokはこちら
(友だち申請、大歓迎です^^)

<カウンセラー: 松葉 謙>

児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。
マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。
帰国後、昼間はNPOの小さな学校で教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートをしながら、
2010年 夜間の悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。
立ち上げから3年で1000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、
これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。
夢は、「生きる力を学べる寺子屋」を創ること。

松葉 謙の詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

関連記事

コメント

    • 白あめちゃん
    • 2016年 3月 24日

    拝読させて頂き、とても感銘を受けました。私は、不登校、精神疾患の経験があり10年程、社会から除外された感覚、孤独感と戦ってきました。その経験があり今があり、現在は治療しながらも障がい者の相談員をお仕事としてさせて頂いております。近々、不登校で悩む当事者、家族の為のデイサービス、ホットラインみたいなものを開所出来たらと考えております。そこで、ご相談したい事がありメール致しました。熊本でと考えておりますが、開所するにあたり、注意点、流れなどをご教授頂けないでしょうか?私は、真剣なので、自身の経験も活かしながら、何かしらのお役に立てれたらと思っております。宜しくお願い致します。

    • 白あめちゃん 様

      コメントありがとうございます^^
      ゆくりはねっとの松葉です。
      同じような思いを持たれている方がいて、とても嬉しく思います。
      私自身も、これから似たようなことを考えているので、
      お力になれるか分かりませんが、何か少しでもお役に立てれればと思います^^

      注意点ですが、
      これは本当に色々あると思うのですが、
      白あめちゃんさんが、何に重きをおくか、何を求めるかにより、変わってくると思います。

      当事者の支援をメインに考えていくなら、おそらくホットラインよりも、
      居場所支援や、直接関われる場が求められてくるでしょうし、
      家から出るところまでがまずは1つの壁ですので、
      場合によっては訪問サービスなども良いと思います^^
      これは、私もやろうかなと思っています^^;

      また、ゴールをどこにもっているかも大事ですよね。
      フリースクールのような居場所をメインに持ってくるのか、
      それとも学習を出来る場を与えたいのか、
      それとも、今の教育とは違った全く新しい場を提供したいのか。
      何を目的とするかで提供するサービスも変わってくると思いますので、
      この辺りは目的によって注意点も変わってくると思います^^:

      また、ご家族の方をメインに置くなら、ホットラインや相談機関が求められるでしょうね。
      ゆくりはねっとへのご相談も、多くがご家族からのご相談でした。
      ホットラインの場合は、インターネットを活用すると良いと思います^^

      流れですが、先に場所だけ作ってしまってもいいと思いますし、
      まずは、地元の不登校の親の会などに参加されてみてはいかがでしょうか。

      そこで、個々のご家庭の求められているニーズなども分かってくるでしょうし、
      自分のこれからやりたいサービスのお話などをしていけば、
      きっと反応があるはずですので^^

      ご自身の経験も活かしながらということですので、きっと素晴らし支援ができると思います。
      これからの、白あめちゃんさんのご活躍心より応援しております。

      また、何か立ち上げ、起業のことでご不明な点がありましたらいつでもご連絡ください。
      こちらは有料となりますが、カウンセリングとは別に才能アドバイスや、
      ネット起業のコンサルなどもやっておりますので^^

      お互い、大きな使命を全うできたらよいですね^^

      ゆくりはねっと
      松葉

  1. 2013年 4月 21日

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

出版社の方へ         【執筆・原稿のご依頼はこちらまで】

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりご連絡ください。
このカウンセラーというお仕事を通して、これまで約2,000名の方の心のお悩みをお聴きしてきました。カウンセリングの中でお伝えさせていただいてきた「心が楽になる考え方」を、より多くの方にお役に立てるよう、現在、「人間関係の悩みを解決する方法」、「トラウマの消し方」、「人生をもっと楽に生きられる考え方」「苦しみが生まれる仕組みと苦しみの取り除き方」などをテーマに商業出版を考えております。ご賛同いただける出版社様からの執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えております。もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします。詳細は、下記のリンクから御覧ください。
→原稿のご依頼はこちら

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で、2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

人間関係の心の悩みや、トラウマの治療も専門としている。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を育む寺子屋」を創ること(現在、準備中♪)
プロフィールの詳細は→こちら

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法

さまざまな悩みの解決法

こちらでは、ネガティブな気持ちを前向きにする方法や、幸せに生きるコツなど、さまざまな悩みに対しての解決のヒントをお伝えしています♪無料で読めますのでお気軽にご覧ください。カウンセリング以外でも、少しでも何かお役にたてればと思います^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法は→こちら

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

人生の仕組み

人生の仕組み

「何のために私達は生まれてきたのか」「死とは何か」「命の重さ」深い話好きな人はこちらから

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 1452現在の記事:
  • 515293総閲覧数:
  • 430今日の閲覧数:
  • 915昨日の閲覧数:
  • 324613総訪問者数:
  • 249今日の訪問者数:
  • 573昨日の訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る