ブログ

電話相談、話し相手の仕事をするにはどんな経験が必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
a0002_002252

a0002_002252今日は少し視点を変えて、電話カウンセラーやお話相手サービスをお仕事にしたいという方に向けて
記事を書こうと思います^^

 

質問:「電話相談、話し相手サービスのような仕事をするにはどんな経験が必要ですか?」

 

nigaoe-8-2先日、このような質問をいただいたので、お答えしますね。

 

 

 

僕自身、この仕事を始めて3年ほど経ちますが

 

この電話相談の仕事で、どのような経験が必要になり、

どのような経験が役に立つかはその扱うジャンルにもよるかもしれないですが、

 

僕の場合、1年半勉強したのは、「いのちの電話」という所で勉強させてもらいました。

実際にしばらくは相談員として活動もしていました。

 

 

 

もともとは、現在の仕事である教員をやりながら、

いのちの電話相談員としてボランティアで電話相談員をやれればよいかなと思ってもいたのですが、

 

通うのにあまりに家から遠かったことや、どうしても忙しく
「じゃあ、自分で作っちゃおう」と始めたのがきっかけでした。

 

ここでの勉強はとても参考になりました。

少なくとも、実際にいのちの電話相談員の人がどのように電話を聴いているのかを

見れたことはとても大きかったです(実際に現場に配属されるので)

 

 

そのあとも、実際こういう仕事(悩み電話相談や、話相手サービスの仕事)をしている人が、
どんな風に相談を聴いているのか、

 

直接自分が相談者として電話してみたこともありました

(相談員の人としてはやりにくかったと思いますが^^;)

つまり、「行動」と「リサーチ」ですね^^

 

そういう実際に自分が体験してみて、漠然としていたものが
具体的に明確になったんですね。

 

「うん、これなら自分にもできるぞ」と^^;

 

そこで、もう少し自分の中で分析してみました。

 

この仕事に、どんな技術が必要なのかと。

 

image

 

実際に共通していたこととして、「傾聴すること」があげられると思います。

いのちの電話でも、傾聴(ひたすら、相談者さんの話をじっくり聴くこと)
をとても重視していますが、

 

これは実際の電話相談の場で本当に大事だと感じます。

 

「その人を知る」ということ。とても大事なことですよね^^
ほんの少しでもその人を理解できれば、その人が大事にしてきたことや、

 

その人の必要としているもの、またはその人に必要な言葉というものも自然と見つかりますもんね。

 

 

 

これまで多くの方のお話を聴いてきましたが、

 

ほとんどの人がすでに自分の中で「答え」を持っていること気づきました。

 

 

ですので、こちらからアドバイスするというよりは、相談者さんの話をじっくり聴き、

そのお話の中で出てきた「答え、核となる大事なキーワード」を見逃さずに、

お伝えできるように努めています^^

 

何気ない相談者様の言葉の中にヒントがあったり、客観的な立場にいるからこそ
見えることも多いように感じます。

 

 

心理学的なことも勉強しましたが、正直自分の場合そこまであまり役に立っていません 笑

 

なぜなら、1つ1つのご相談には、型やテンプレートなどはなく、100の相談があれば、
100のそれぞれの悩みの形、その答え、解決法は全く違うからです。

 

そういった意味でも、

この仕事で1番役に立っているのは、相談員として勉強してきた経験というよりも、

 

「自分のこれまでしてきた実体験」の方がずっと役に立っていると感じます。

 

専門的な知識や勉強よりも、

 

「目の前の人の話をどれだけ真剣に聴けるか」

「どれだけ思いを込められるか」

「どれだけ、その悩みに共感できるか」

 

そこが、この仕事のすべてではないかなと感じています。

実は、電話カウンセリングや、話し相手サービスに限らず、

ヒーリングをする時もこの3つがポイントだったりします。

 

 

「その人のために」という想いの力は、バカにできません。

「思い」とはエネルギーなのです。

 

 

 

本気で聴き、本気で答える。

 

 

 

その想いは必ず、相談者様に伝わっています。

 

そこから出る言葉にも自然と重みや説得力がでます。

 

大切なのは「相手を思いやる気持ち」なのです。

 

 

 

「本当にその人が、どうしたら幸せになるか」を本気で考えれば、勝手に言葉が出てくるし、
何がその人に必要なのかも自然とわかるんです^^

 

まずは、本気で聴くこと。

そして、自分の体験してきたことや、専門分野を持っていると、やりやすいかなとも思います。

実際に自分が悩んできたものは、共感の度合いが違いますので^^

 

その、つらさがわかる分、きっとそこに思いやりの気持ちも大きくなるでしょう。

 

 

誰もが根本にもっている望み。

 

それは、「誰かに自分を理解してもらいたいという思い」なのです。

 

「共感」や「思いやること」、そして、「その人を理解すること」これを徹底していくと
色々な発見があります。

 

例えば、以前こんなご相談がありました。

 

親御さんへの不満や怒りに対するご相談者様のお話だったのですが、

お話をお聴きしていると、 そのご相談者様の気持ちや思いは、もちろん
お話を聴いていれば伝わってくるのですが、

今度は、その親御さんの思いの方に目を向けて深く探っていくと実は、

親御さんの方のさみしさが伝わってきたりします。

 

そのお話の中に登場人物としてでてくるのを間接的にこちらは聴いているだけなのですが、

意識を親御さんの方に向けてみると、とても寂しさが伝わってくるのでした。

 

年をとっても我が子に自分をみていてほしい。「さみしかった」のです。

こんな風に、相談者様はもちろん、そのお話にでてくる人たちの思いを
できる限り、汲み取ったり、理解することは、

 

このお仕事をするうえでとても大切なことだと感じています。

 

そして、本当に今のそのつらい気持ちや、

誰にも言えない思いを汲み取って聴いてあげることだけでも、

 

相談者の方は救われるのではないかなと感じます。

 

 

 

次に、この仕事に対するそもそもの「信念」の部分。
やはりこれも重要となってきます。

 

image

 

私の場合は、プロフィールでも書かせていただきましたが、
この仕事を始めようと思ったきっかけには、こんな経緯があったりします。

 

<ゆくりは ねっとを立ち上げた理由この事業への思い>

~自分の残りの命をどう使う?~

1.病気から学んだこと

2.インド・マザーハウスでの体験

3.「死を待つ人の家」での出来事

4.「孤独感」というキーワード

 

 

 

この信念の部分がブレさえしなければきっと、大丈夫だと私は感じます。

 

 

そして、もう1つ感じていること。

 

 

このお仕事、もちろん「聴く」能力は、絶対に必要なのですが、
ただ単に聴くのが得意なだけではやっていけないんですね。

 

相手に「質問する力」や「コミュニケーション能力」がとても求められるなとこれまで、
やってきて感じています。

 

<その人の悩みを追体験すること>

このお仕事の少し大変なところは、相手と同じ体験を疑似体験するということです

 

どんな時でも、
話を聴いている間は、相手と同じところに身を置くことになるので、

それが、自分の経験と重なってフラッシュバックしてしまうカウンセラーさんもいると思います。

 

ちなみに

 

「話を聴き終わった後疲れませんか?」

「相談者さんの悩みを聴いて、自分がウツになっちゃったりしないですか?」

と、よく質問されるのですが、

 

僕の場合は、これまでそういう体験はありません。鈍感なんでしょうかね^^;  笑

むしろ、どんな悩みでもどんどん来てくださいという感じです^^

 

どんな分野にしろ、それだけ悩む経験というのは、その人にとってそれだけ大事なメッセージでもあるので

、そのつらい経験を通して気づけたことを大切にしてほしいなと感じます。

 

 

<アドバイスは必要か?>

ゆくりは ねっとの場合は、アドバイスを求めている人がほとんどです。

アドバイスはいらないという人も、もちろんいますが、圧倒的に皆さん、現在の悩みの解決策(アドバイス)
を求めて相談されます。

 

それは、そうですよね。「現状のつらい状態をなんとかしたい」のだから、
そのヒントを求められるのは当然のことだと思います。

 

多くの方が、現状のつらい状況を誰にも話せずに1人悩まれています。

 

 

同じ物事を見ていても、「こういう風にみることもできますよ」ということをお伝えしています。

私自身、この電話相談のもう1つの役割は、この「物の見方をお伝えすること」だと感じています。

 

相談が終わったとき「そんな風に考えたことありませんでした」と言われることがあるのですが、

別の角度から物事を見ることで、世界というのは驚くほど変わります。

 

2013-06-02_00h00_20-3

つらい時、人はこんな風にスポットライトを当てています。

 

でも、少し視野を広げてみると・・・・・、

 

2013-06-02_00h00_20-2

 

こんな風に幸せをすでに自分が持っていることに気づきます^^

しかも、つらいと思っていた経験も、実はここから得られる経験はその人にとって、
とても大事な経験なのです^^

 

 

<最後に>

 

忙しくないんですか?辞めたくなったりしないんですか?という質問もありますが、

確かにこのお仕事忙しいです^^

僕の場合、普段はNPOで不登校・高校中退の子のサポートをしていますので、電話相談は、帰宅後となります。

 

でもこのお仕事が「つらい」とか「辞めたい」と思ったことは全然ないです^^

 

なぜなら、「誰かの役にたてた」という実感があるからなんです。

例えば、僕は長年勤めていた仕事を辞めて、数ヶ月ほど仕事をしていなかった時期があるのですが、
家で一人これからの人生を考えていたり、好きな漫画を読んだり、テレビを見ていたときよりも、

今の方がずっと幸福度が高いなと自分自身実感しています^^

 

これは、そういった経験があるからこそ、分かることですが、

 

人って幸福度が大きいことは、
「誰かに与えているとき」「誰かに喜ばれているとき」なのです^^

 

 

「今日も誰かに喜んでもらえたな」そういう実感がもてていれば、不思議なことに、

少々睡眠時間が足りてなくても、ばっちし寝て万全の体調の時よりも、

 

案外 元気でテンションが高かったりします (笑)

 

 

<注意しなけれんばいけないこと>

最後に、この仕事をしていて、注意しなければいけないこと。を書いておきますね。

これは、常に私自身に言い聞かせていることです。

 

それは、

 

自分を特別な存在だと思わないこと

 

です。

 

これは、自分には価値がないと言っているのではありません。

 

このお仕事をしていると、どうしてもアドバイスをする時に、
さきほどのスポットライトの例でお話したように、少し高い視点から物事を見る必要があります。

 

そして、的確にアドバイスをして、相談者様に喜ばれる。

 

そういうことを繰り返していると、自分ってすごい人間じゃないかって思えてくるのです。

 

こういう過ちは多くの人が犯しやすいのです。(特に人に助言を与える仕事の人は)

 

でも、これは大きな間違いなのですね。

 

相談者様に、伝えるべき言葉やアドバイスなど、実際に相談者様とお話をしていると、

時に自分の意識を超えてインスピレーションで受け取ったりもしますが、

 

それらは、決して自分ひとりの力ではないということです。

私自身が、その相談者様に必要な言葉やアドバイスを気づかせてもらっているのです。

 

ですので、決してアドバイスをする人が偉いわけでもないですし、

私自身もまた成長していかなければならない修行の身ということになります。

 

大切なのは、何度もいううように「その人を思いやる心」なのだと感じています。

 

 

 

あくまで、私自身の個人的な意見を書かせていただきましたが、

 

ぜひぜひ、こうしたお仕事をこれからしようかなと考えていらっしゃる方にはぜひぜひ知っておいて欲しいなと感じましたので
今回記事に書かせていただきました。

 

実際に、電話カウンセリングなどのお仕事に興味のある方がいらっしゃいましたら、1度ゆくりはねっとに電話してみてくださいね^^

 

私自身が試していたように、
実際にどんな風にどんな風にカウンセリングをやっているのか、

自分が体験してみるのが1番の勉強になると思います。

 

あくまで、個人的な意見ですが、いろいろアドバイスできることもあると思います。

 

料金は

 

60分=6,000円

90分 =8,000円

120分= 10,000円

 

となっています。

 

もしも、ご興味がありましたら

こちらの

 

ご相談予約フォーム

 

から、お問い合わせくださいね^^

 

1人でも多くの人にお役に立てれば幸いです^^

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

    None Found

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

出版社の方へ         【執筆・原稿のご依頼はこちらまで】

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりご連絡ください。
このカウンセラーというお仕事を通して、これまで約2,000名の方の心のお悩みをお聴きしてきました。カウンセリングの中でお伝えさせていただいてきた「心が楽になる考え方」を、より多くの方にお役に立てるよう、現在、「人間関係の悩みを解決する方法」、「トラウマの消し方」、「人生をもっと楽に生きられる考え方」「苦しみが生まれる仕組みと苦しみの取り除き方」などをテーマに商業出版を考えております。ご賛同いただける出版社様からの執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えております。もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします。詳細は、下記のリンクから御覧ください。
→原稿のご依頼はこちら

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間、教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で、2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

人間関係の心の悩みや、トラウマの治療も専門としている。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を育む寺子屋」を創ること(現在、準備中♪)
プロフィールの詳細は→こちら

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法

さまざまな悩みの解決法

こちらでは、ネガティブな気持ちを前向きにする方法や、幸せに生きるコツなど、さまざまな悩みに対しての解決のヒントをお伝えしています♪無料で読めますのでお気軽にご覧ください。カウンセリング以外でも、少しでも何かお役にたてればと思います^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法は→こちら

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

人生の仕組み

人生の仕組み

「何のために私達は生まれてきたのか」「死とは何か」「命の重さ」深い話好きな人はこちらから

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 1119現在の記事:
  • 628799総閲覧数:
  • 516今日の閲覧数:
  • 774昨日の閲覧数:
  • 397296総訪問者数:
  • 346今日の訪問者数:
  • 472昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る