ブログ

なぜ台風や異常気象が起こるのか?地球の浄化循環作用の仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
taihu2

こんにちは。ゆくりはねっとの松葉です!

最近は異常気象が本当に多いですよね。

台風や大雨、地震、落雷、地球大丈夫かな?と不安になってきそうですが、

そもそも、なぜ今これだけ異常気象が起こっているのでしょうか?

そこには、とても深い意味があるのですね。

出来事で意味のないことは起こりません。そこには、必ず原因があり、意味があるのです。

今日は、少し大きなテーマですが、「なぜ台風などの異常気象が起こるのか?」を考察していこうと思います。

 

その裏にある深い意味を知ることは、私達のこれからにおいて、とても大切なことだと感じます。

それでは、いきましょう♪

 

異常気象や自然災害は地球の浄化作用 台風の起こる理由と原因

 

th_fhkop

台風と言えば、夏から秋にかけてが1番多いですよね。
夏や秋に台風が多いのには、理由があるのかなと感じます。
1つずつ例えを用いて解説しますね。

<クイズです>
例えば、川でも海でも、どこでもいいですが、

そこからバケツか水槽で、水をすくってくるとします。

dsew

その水を放置しておくと、その水はどうなるでしょうか?

 

 

 

 

 

はい、そうです。

正解:腐る

です。

何日もすれば腐りますよね。

 

でも、よくよく考えてみると、川に流れている水や、海の水そのものは腐ってませんよね。
これって不思議に思ったことってありませんか?

これは、川や海そのものが循環しているからですが、
もう少し、具体的に見ていくと、「なぜ循環しているのか?」という部分が見えてきます。

 

これは気圧との関係が1つの理由です。

すべてのエネルギー(気)というのは、
「低い方から高い方に流れる」というルールがあります。

 

通常は、海水の周りの大気圧より、海水全体の水圧の方が高いので、
空気は海水の方に、引き込まれる形で、循環しています。

つまり、水の中に酸素が循環しているから水が腐らないのです。

 

魚を水槽で飼ったことがある人ならわかると思うのですが、
水槽に、エアーポンブやエアーストーンを置いて、中の水が腐らないように酸素を送ってやってますよね。
あれと同じ原理です。

th_suisou_side

自然と循環するシステムが自然界には作られているのですね。

しかし、例えば、温暖化などで、あまりにも海水が温められすぎると、
蒸発したり、腐敗に向かっていきます。

 

そのような状態では、地球自身が、汚れてしまうことになりかねませんから、
どうにかして、滞って腐敗に向かっている海の水を、かき混ぜる必要があります。
かき混ぜることで、酸素を循環させてやる必要があるのです。

これが台風が発生する仕組みです。

水槽のように、自然界にエアーポンプはありませんからね。
台風という形で、海水を循環させているのです。
(ある意味、超強大なエアーポンプともいえます)

台風が発生することで、海がかき混ざり、酸素が循環していきます。

つまり、海に酸素を補給すること。これが台風が起こる仕組みなのだと考えられます。

台風の過ぎ去った後の海の様子をよく観察してみてください。
酸素が注入されて、以前よりも浄化されていることが分かります。

th_cvnmki

ですから、これだけ、台風が起こっている1つの原因として、
海が汚れていること、そして、温暖化などで海の表面温度が上がっていることが原因となっていることがわかります。

(ちなみに台風のうずまきの螺旋はフィボナッチ数列になっているのも興味深いです^^)
th_fhkop

ヒマワリ・稲妻…自然界を司る神秘的な「数式」|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE 2017-11-18 18-58-56

 

雷の起こる理由・原因

では、雷はどうでしょうか?

ghir

雷の起こる仕組みは、簡単に言うと以下の仕組みになります。
①強い日差しで、上昇気流が起き、雲(積乱雲)が発生。
②雲の中で、水が冷やされて氷り、氷の粒がぶつかりあい、電気が発生。

③プラスの電気は雲の上の方に溜まり、マイナスの電気は下の方に溜まる。
④地表付近に、プラスの電気が溜まり、雲の下のマイナスの電気と引き合う(雷の発生)

雷というのは、空気を集めて電気を発生させているのです。

で、ここが大事なんですが、なぜ、そもそも、この雷現象が起こるかというと、
こちらも熱くなりすぎた地上を冷やすための現象になります。

 

 

熱くなりすぎた地表では、酸素が上空に上がってしまいますので、
酸素を地上に戻すために、雷や台風などの現象が起こってきます。

 

このようにして見ていくと、さまざまな自然現象は地球自身が起こしている浄化作用ともいえると思います。

浄化作用というのは、人間が悪いから懲らしめるために
起こっていると解釈する人がいらっしゃるようですが、
私はそれは違うと感じています。

 

懲らしめるためではないのです。

それは、例えば、風邪をひいいたら身体が熱を出して、
免疫を高めて、徐々に治癒・回復していくという原理に近いと思います。

海水が温められたり、地表の温度が温まりすぎると、
それが続けば、地球にとっては地球自体の身体を壊すことになってしまいます。

th_fdswqad

だから、自動的に身体を回復する機能としての、
物理的な現象のような気がします。

つまり、異常気象や災害といわれるものは、バランスを取っている治癒・再生作用とも言えるでしょう。

 

きちんと理由があるのですね。

もちろん、台風や自然災害などで被災された方々の悲しみを思うと、
どうして、他じゃなく自分のところなんだ?

と、思われると思います。

その悲しみは計り知れないものがあることは百も承知です。

命の重さや、尊さも。

だからこそ、こういった自然界からのメッセージに気づくことが私は大事だと思います。

地球に住む私たち1人1人が、こういった地球環境のことに意識が向けれていないと、今後も各地で異常気象や災害は続きます。
これ以上、こういった状況を繰り返してはいけないのです。

 

自然の原理は人間にも当てはまる

さて、これらを踏まえて、ここからが重要なお話です。

すべてのエネルギー(気)というのは、
「低い方から高い方に流れる」というルールがあります。

さきほどの自然災害でいえば、

「内圧が外圧より高い時、エネルギーは内側に注ぐ」ということになります。

圧が高いところにエネルギーは流れるというのは大事な概念ですね。

これは、人間の意識そのものにも当てはまります。

つまり、意識圧です。

意識の高いところにエネルギーは集まるのです。

自然と同じように、意識圧が抜けた場所は、だんだん傷んでいくのです。

これは気圧も意識圧も同じです。

バケツに入った水と同じですね。

何が地球をダメにしているのか?

それは、「自分さえよければいい」という、我欲です。

本来、私たちは空気がなくては生きていけません。
それどころか、すべての、この世のあらゆるものがあって初めて私達は生きることができるのです。

私たちにとって「空気」というのはとても大事な概念です。

当たり前にありすぎるものに、普段は私たちは意識が向いていません。

「生かされているという意識」が必要です。

すべては繋がっているということを意識すること。
ここが、まだまだ私達はできていません。

それができれば、まず、できることを一人一人が行動するようになるはずです。

自分が今していることで、地球を汚しているものは何か?
そういった身近な所から、考えていけばいいのです。

自分にできることは何か?

一人一人がそういう意識で行動を起こすこと。

それが大事なのです。

そのためには、自分の視点(意識)を変えなければいけません。

「自分だけさえ良ければいい」この発想はやがて自分の身を滅ぼすでしょう。

 

この世に起きている出来事で自分と関係ない出来事なんてありません。

もっと大きな視点を持つ必要があるのです。

 

今日のお話は少し難しかったかもしれませんが、
「異常気象だから、最近はおかしいね」
で、終わらせるのではなく、
「どうやったら、きちんとした循環システムに戻すことができるのか?」
何が地球を汚染しているのか?
1人1人がしっかり考える意識を持つことが、
これからの時代は特に大事な気がします。

そして、ただ考えるだけではなく。
小さなことからでも行動していくこと。これが本当に大事です。

例えば、
自然を汚すようなものは使用しない。
洗剤を、自然にも無害なものに変えてみる。

など、

そういう一人一人の小さな心がけが、大きな自然災害を食い止めていくことにも間接的に繋がっていきますからね!

 

質問や、感想などもお待ちしております^^
(この記事の下にあるコメント欄に、ご記入くださいね♪Eメール、ウェブサイト名などはご記入不要です^^)

よかったら記事の方も、シェアしていただけたら嬉しいです^^

今日も読んでいただいて、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お急ぎの方は、こちらから↓

2014-07-15_22h21_41

出版社の方へ         【執筆・原稿のご依頼はこちらまで】

取材・執筆をご依頼の方へ

取材・執筆をご希望される方は、お手数おかけしますが取材目的・媒体・企画内容などを電話、またはメールよりご連絡ください。
このカウンセラーというお仕事を通して、これまで約2,000名の方の心のお悩みをお聴きしてきました。カウンセリングの中でお伝えさせていただいてきた「心が楽になる考え方」を、より多くの方にお役に立てるよう、現在、「人間関係の悩みを解決する方法」、「トラウマの消し方」、「人生をもっと楽に生きられる考え方」「苦しみが生まれる仕組みと苦しみの取り除き方」などをテーマに商業出版を考えております。ご賛同いただける出版社様からの執筆のご依頼はできる限り協力させていただきたいと考えております。もしもご縁がありましたらよろしくお願いたします。詳細は、下記のリンクから御覧ください。
→原稿のご依頼はこちら

カウンセラー:プロフィール

カウンセラー:プロフィール

松葉 謙(まつばけん)
1981年、三重県 いなべ市生まれ。
児童養護施設で児童指導員として勤務。退職後、インドに一人放浪の旅へ。マザーテレサの施設「死を待つ人の家」で自分の残りの命の使い方を考えさせられる。

帰国後、2010年、昼間はNPOの小さな学校で6年間、教師として不登校・高校中退、高卒認定のサポートに関わる。

同時に、夜間悩み電話相談サービス 【心のホットライン ゆくりはねっと】を開設。立ち上げから6年で、2,000人以上の心の悩み相談を聴く。

また、全国でも珍しい「才能アドバイザー」を名のり、これまで多くの人の、転職相談や、才能についてのアドバイスを行う。

人間関係の心の悩みや、トラウマの治療も専門としている。

2016年 教師を退職。カウンセラー、ヒーラーとして本格的に独立する。夢は、「生きる力を育む寺子屋」を創ること(現在、準備中♪)
プロフィールの詳細は→こちら

twitter よかったらフォローして下さい♪

y-twitter8

facebookはじめました!

facebook-plofile8-444

友達申請大歓迎です♪
お気軽に声かけてください^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法

さまざまな悩みの解決法

こちらでは、ネガティブな気持ちを前向きにする方法や、幸せに生きるコツなど、さまざまな悩みに対しての解決のヒントをお伝えしています♪無料で読めますのでお気軽にご覧ください。カウンセリング以外でも、少しでも何かお役にたてればと思います^^

マツバ流さまざまな悩みの解決法は→こちら

最近の記事

カウンセリング認定証

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

ゆくりはねっとのメディア掲載情報①

「東京で働く女性たち」に向けた活用型ライフスタイル誌『ポコチェ』(永作博美さん表紙2015年6月号)の編集部注目の情報紹介コーナーにて、【ゆくりはねっとの「才能アドバイス」】が紹介されました!

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

ゆくりはねっとメディア掲載情報②

首都圏、関東エリアの病院限定に設置している無料のTV情報誌『TVホスピタル』の2013年12月号に【ゆくりはねっと】が紹介されました!

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

無料で読めるゆくりはねっとの「無料メール講座」

登録いただければ誰でも無料でご覧いただける、
ゆくりはねっとの「人生をワクワク生きるコツ」メール通信講座です♪
ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください^^

人生の仕組み

人生の仕組み

「何のために私達は生まれてきたのか」「死とは何か」「命の重さ」深い話好きな人はこちらから

「ゆくりはねっと」ではPayPalがご利用可能です

ソリューション画像

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

ゆくりはねっとユーザー様のご感想

このページでは、感想をいただいた相談者様の中で許可をいただけた方のみ掲載させていただいています。
お客様からの温かいお声は、私自身の毎日の励みとなっており本当に感謝しています。これからも精一杯活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いします^^ご感想はこちらからご覧いただけます→カウンセリングのご感想

ほぼ日アクセスカウンター

  • 75現在の記事:
  • 651856総閲覧数:
  • 638今日の閲覧数:
  • 639昨日の閲覧数:
  • 412211総訪問者数:
  • 405今日の訪問者数:
  • 436昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月12日カウント開始日:
ページ上部へ戻る